広告
 

発達障害全般

 発達障害がある子は視覚や聴覚、筋肉の感覚に独特の偏りがあり、それが問題行動を生じさせる。子どもの生活適応能力を向上させる15の遊びを厳選紹介。著者は発達療育が専門の作業療法士でもあり三児の父親でもあります。  読み書きが苦手、計算が不得意、指示が理解できない…。発達障害の子の勉強面、コミュニケーション面の悩みとその対策となる「遊び」を徹底解説。 脳性麻痺、筋ジストロフィー、注意欠陥多動障害、広汎性発達障害など、多様な発達の障害像を示すとともに、リハビリテーションの実践方法が図・表を用いてわかりやすく解説されています。学生にもおすすめの一冊。
2010年10月 1,365円 2011年08月 1,365円 2012年03月 4,830円
落ち着きに欠け衝動的な「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」、対人スキルや社会性に問題のある「アスペルガー症候群」、読み書きなどの習得に難のある「学習障害」などの総称である「発達障害」。「大人の発達障害」の実態から治療法、日常生活での注意点やサポート方法までを解説します。
「発達障害」と診断されるケースが急増している。子どもだけでなく、大人もだ。児童のADHDの有病率は六%に達し、学習障害は一〇%に及ぶ。なぜ猛烈な勢いで増えているのか。一方で「発達障害」と診断されながら、実際は「愛着障害」であるケースが数多く見過ごされている。根本的な手当てがなされないため、症状をこじらせるケースも少なくない。「発達障害」と似て非なる「愛着障害」とは、いったい何なのか?本当に必要な対処とは?「発達障害」は現在、大きな岐路にある。その急増が意味する真のメッセージを明らかにする、衝撃と希望の書。
発達障害を抱える子ども達のニーズにあった教育的支援、各症状への対応法、社会によるカウンセリングを理解するための決定版。社会性を育てるポイント、LD、ADHD、アスペルガー症候群などへの支援、向き合い方を特別支援教育士スーパーバイザーの著者がやさしく解説。発達障害かどうかを判断できるチェックリスト付き。
2010年02月 819円
2012年07月 840円
2012年04月 880円
療育現場のプロが教える、発達障害のある1~6歳児の興味・関心にあわせた「あそび」と、「かかわり方」のコツ。身近な材料で、安全に、お家でもできる、あそびのアイデアがいっぱい!一人ひとりにお気に入りのあそびが見つかります。発達障害についての知識が少ない保護者や保育者にも理解してもらえるように、イラスト付きで丁寧に解説。子どもとあそぶ時間が、もっと豊かで楽しくなる本。 あなたには仲間がいるんだよ。この子にあったやり方があるんだよ。ひとりで悩まなくていいんだよ…。発達障害の基本知識、愛知で活動する「ほがらか」の紹介、子育て手記などを収録。支援者に最初に読んで欲しい一冊。 発達障害に関する概念の推移をはじめ、医学・心理学・教育・福祉などの各分野における現状分析から制度・施策面での最新動向までを年次毎に捉えた一冊。適切な情報と最新の知見、さらにJDDネットの活動を全国に発信することで、発達障害の理解や課題への取り組みを深め、発達障害者の地位向上を目指すものです。
2011年03月 1,575円 2006年12月 1,260円 2011年04月 2,415円
しんどいことも、楽しいことも、フツーにいろいろあるんです…。日々困難に出会うけど、そのたびに解決(?)方法を見つけながら、なんやかんやと楽しい毎日を送っている、発達障害を抱える子どもと大人と周辺の人びとのリアル・ライフ! 大好評『そうだったのか! 発達障害』待望の第2弾!発達障害のある子どもの子育てに必要な大事なポイントをマンガで紹介。親の関わり方が変わると、子どもたちはいろいろなことがドンドンできるようになっていきます。 発達障害に関する医療・教育・福祉・労働・時の話題など、押さえるべきことを、わかりやすく解説。第1部・特集のテーマは「障害者制度改革の論点とこれから─医療、教育、福祉、労働の何が議論され、改革されようとしているのか」。障がい者制度改革推進会議等で各分野に関して議論された論点を整理し、併せて障害者制度改革がどのように進み、これから障害者本人や家族の生活にどのように影響してくるか等を考察している。
2009年01月 1,365円 2011年07月 1,365円 2011年09月 3,570円
発達障害児・者を支援するには、心理・教育・医療・福祉・労働の5領域の連携が必須である。各領域の最新で基本的な知見及び情報を約250項目に絞り込んで分かりやすく解説。 発達障害者支援法により、障害者福祉の対象外だった発達障害(高機能広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害など)がようやく法的に公認され、支援を受けられるようになります。新しい法律の内容を専門家が詳しく解説、本書1冊で全部がわかる。 2005年に発達障害者支援法が施行されて以来、発達障害の社会的認知度が高まるとともに、厚生労働省や文部科学省を中心に発達障害者に対する各種の支援事業がスタートした。しかし、これらの支援制度は現在進行形で新設・変更が続き、地域により取り組みにバラツキがあるなど、実際に利用するに当たって分かりにくい状況になっている。本書では、これら支援制度を整理するとともに、当事者・保護者の視点からのアドバイスや体験談を紹介している。
2008年08月 2,835円 2005年05月 2,940円 2012年06月 800円
特異的読字障害・特異的算数障害の診断用検査シートと詳細な解説から成るガイドライン。特異的発達障害を的確に判断・支援できる。
広汎性発達障害(自閉症・アスペルガー症候群)・AD/HD(注意欠陥/多動性障害)・LD(学習障害)。発達障害ってなに?発達障害のある子をうまく育てるコツは?実例をあげて使えるヒントを紹介。
発達障害専門医である仁先生ことDr.原が発達障害の臨床に欠かせない重要なキーワードの1つである地域療育に関わるようになってから執筆した雑誌や機関誌等の依頼原稿や講演原稿からの書き下ろしなどで構成。療育とは「工夫した子育て」という仁先生の持論が全体を通して展開され、発達障害の臨床の一端をわかりやすく知ることができます。発達障害の理解と療育支援に役立つQ&A形式の「仁先生の質問箱」も掲載しています。
2010年05月 3,990円 2009年05月 1,470円 2011年06月 1,680円
発達障害者支援法で求められている医療、保健、福祉、教育及び労働に関する業務を担当する部局が、相互に緊密な連携をとっていくために、関連する部局を包括した総合的システムの在り方を提案。特別支援学校、幼児ことばの教室、乳幼児健診、幼稚園・保育所などのアンケートによる現状調査のほか、先進的な国内地域事例、諸外国の事例等を検討・分析する。 本書で紹介している支援法は、昔、各家庭で普通に行われていた育児の仕方と同じであり、新しい接し方でもなく、薬を用いる方法でもありません。さらにお金もかかりません。しかし、健やかな成長を促し、発達障害を予防する育児法でもあるのです。 親が「この子はこれでいい」と、ありのままに受けとめてさえあげれば、たとえ発達障害があっても、子どもを育てる楽しみは、必ず見つかります。発達障害というのは、能力がないのではなくて、能力の「偏り」です。決して、能力の欠陥とか欠落ではないのです。そして、「偏り」というのは、突出しているところは、他よりも優れているのですから、ある意味で楽しみなんです。私はこの本で「発達障害ということは必ずしも悪いことばかりではない。むしろ喜ばしいこともたくさんあって、素晴らしいこともいっぱいあるんだ」ということをお伝えしたいのです。
2009年06月 2,835円 2010年04月 1,260円 2011年12月 1,470円
発達障害の子どもが生きやすくなるために学校で、家庭で、できること。どんなところに気をつける?教室や家庭ではどんな工夫をする?周囲はどんな注意点を持てばいい?そんな疑問にすべて答えます。 コミュニケーション能力に問題がある、自閉症、ADHD、アスペルガー症候群などの発達障害。そんな子どもたちとの接し方をやさしく解説。子どもも周囲もラクになり、生きやすくなります。 発達障害の子供は、何をどう不安に感じ、どう接して欲しいのか?日々、障害児と接する小児科医が子供の発達を援助する上で共通の問題、治療と対応などをケースごとに解説。
2011年06月 1,365円 2010年03月 1,680円 2008年11月 2,500円
なぜ発達障害のある子どもを殴ってしまうのか?どうすれば止められるのか?臨床経験の豊富な著者が、虐待発生のメカニズムを解明し、具体的な援助手法を提案。 本書は、発達障害のある子どもたちへの適切な支援法や対処法について、幼稚園・保育園で日常的に起こりうる様々な具体例を取り上げながら、豊富なイラストとともに解説しました。園と家庭が連携しながらサポートするためのヒントも紹介しています。 本書は、発達障害のある子どもたちへの適切な支援法や対処法について、小学校で日常的に起こりうる様々な具体例を取り上げながら、豊富なイラストとともに解説しました。学校と家庭が連携しながらサポートするためのヒントも紹介しています。
2007年02月 2,100円 2010年06月 1,680円 2010年05月 1,680円
本書では、発達障害のある中学生への支援について、「いま」困っていることを支援するだけでなく、「将来」も含めて支える視点から、実践現場での具体的なサポート方法を数多く取り上げ、進学・就労の問題についても触れ、豊富なイラストとともに紹介しています。
自閉症、アスペルガー症候群、ADHD、LD…。発達障害のある子どもたちの特性を正しく理解し、やさしくサポートしよう。子どもの特性に合わせた家庭でのサポートのしかたについて、イラストを用いてきめ細かに解説。幼稚園、保育園、小学校などの教育の現場での支援法について、具体的なケース別に詳細に紹介。進学、就労に向けた支援についても解説。
新しい教育課程を編成するに当たり、特に発達障害のある子どもの自立活動の指導をどのように位置付け、内容を具体化し、どのように組み合わせて効果的に指導に取り入れていけばよいのか、できるだけわかりやすく解説、また指導事例を掲載。編著者によるコメント付。
2012年05月 1,785円 2011年05月 1,575円 2009年09月 2,415円
     
もっと見る

   |TOPに戻るカテゴリー別に探す


広告
 


Amazonでリハビリ本を探す   
使用可能カード


 各種カード取扱い
 
 

Coryright©2012 RehabilitationBooks.com All Rights Reserved.