広告
 

解剖学
     
     
 世界9か国で翻訳された『プロメテウス解剖学アトラス』第2版。見開き構成で視認性に優れた解剖図とテキストをバランスよく配置し、学習内容の重要度に応じて内容が選択されています。CT・MRI画像と解剖図との比較、疾患解説など臨床的な項目の追加により、初版より40ページ増となりました。 人体を走るアナトミー・トレイン(筋筋膜経線)によって、姿勢の補整と動作の安定がどのように得られているのかを、列車の路線(lines)や駅(stations)に例えて解説しています。筋筋膜とその膜系連鎖を学ぶには格好の教科書です。  骨・関節・筋の機能解剖学、生体力学、運動学を明解なイラストと簡潔な文章で編成し、ハイレベルな内容を簡明にまとめた世界的定版本の全面改訂カラー完訳版。関節について学ぶならば外せない一冊。臨床に出てからも末長く使える名著です。3冊セット。
2011年03月 12,600円 2009年01月 6,090円 2010年01月  21,000円
     
複雑な人体の構造をカラー写真やカラーイラストを用いて分かりやすく描いています。イラストが非常に分かりやすく、学生や新人さんにもお勧めの一冊。 骨・関節・筋の機能解剖学、生体力学、運動学を明解なイラストと簡潔な文章で編成し、ハイレベルな内容を簡明にまとめた世界的定版本の全面改訂カラー完訳版。関節について学ぶならば外せない一冊。臨床に出てからも末長く使える名著です。上肢編。 骨・関節・筋の機能解剖学、生体力学、運動学を明解なイラストと簡潔な文章で編成し、ハイレベルな内容を簡明にまとめた世界的定版本の全面改訂カラー完訳版。関節について学ぶならば外せない一冊。臨床に出てからも末長く使える名著です。下肢編。

2003年04月 8,190円

2010年01月 8,610円 2010年04月 8,610円
     
     
骨・関節・筋の機能解剖学、生体力学、運動学を明解なイラストと簡潔な文章で編成し、ハイレベルな内容を簡明にまとめた世界的定版本の全面改訂カラー完訳版。関節について学ぶならば外せない一冊。臨床に出てからも末長く使える名著です。脊椎・体幹・頭部編。  中枢神経系の構造・機能・病態生理を豊富なオリジナル多色刷図版で解説したハンドブック。全図版をカラー化し、さらに見やすく、分かりやすく構成されています。 全編カラー写真、写真の質と数にこだわり作成した中枢神経系の肉眼的解剖の実習手引書です。画像解析写真も肉眼解剖写真を並べ、血管走行など、脳内の位置関係を理解し易いように工夫しており、今までに類を見ない手引書です。
2010年01月 8,610円 1998年03月 6,930円 2003年03月 5,250円
  
人体構造を正確に理解させることを主眼にし、多数の画像写真とイラストを組み合わせて編集された最新の高品位解剖アトラス。CT像やMRI像といった断面像を大幅に取り入れ、それらを解剖断層面標本写真や微細・秀麗なカラーイラストと組み合わせ、画像診断の進歩した今日の臨床場面での使用にも対応できるよう提示する。 臨床の進歩を追い続ける“定番”アトラス 中枢神経系の機能を理解するために必要な構造上の諸事項を、色図や写真をもとに臨床に関連させながら解説するアトラス。今回の改訂で色図やMRI・CTの画像写真が大幅に増え、より見やすくわかりやすくなりました。伝導路がとても理解しやすいです。 医師であり、画家でもあったFrank H.Netter博士の作品のなかでも、神経系の解剖と生理をあつかったこの書籍は特に優れている。本書のパーキンソニズムに載せられている画を見た読者はこの病気の患者を一見しただけで診断がつくであろう。それほどNetter博士の絵は見事である。
2002年03月 10,500円 2005年01月 6,510円 2005年09月 9,450円
     
脳と脊髄の構造を、多くの画像・イラストを用いてわかりやすく図解したアトラス。ポイントを押さえた解説テキストが併記されており、神経解剖学の入門書として最適の一冊。
本書は、理解しやすい斬新なイラストで世界的にも有名な機能解剖学書の全訳である。人間の関節・運動器の形態と機能を簡明なイラストと解説によって動的・立体的に統合したテキストであり、臨床家にとって不可欠な知識はもちろん人体の機能解剖学を学ぶ学生にとっても、知らず知らずのうちに人体運動の主要なポイントが理解できる優れた教科書である。カパンジーと共に定番の一冊です。 本書は、理解しやすい斬新なイラストで世界的にも有名な機能解剖学書の全訳である。人間の関節・運動器の形態と機能を簡明なイラストと解説によって動的・立体的に統合したテキストであり、臨床家にとって不可欠な知識はもちろん人体の機能解剖学を学ぶ学生にとっても、知らず知らずのうちに人体運動の主要なポイントが理解できる優れた教科書である。カパンジーと共に定番の一冊です。
2008年12月 10,500円 1986年08月 4,410円 1986年03月 3,990円
     
     
 初版は、Tixa教授が長年蓄積した触診のノウハウをわかりやすく質の高い写真で伝え、大好評を博した。今版は章頭にネッターの解剖図が加わり、触診と解剖をよりリンクさせながら学べるよう進化した教科書となっている。また触診部位も仔細にわたり大幅加筆、全体のページも1割増、さらに充実した内容でお届けする。  初版は、Tixa教授が長年蓄積した触診のノウハウをわかりやすく質の高い写真で伝え、大好評を博した。今版は章頭にネッターの解剖図が加わり、触診と解剖をよりリンクさせながら学べるよう進化した教科書となっている。また触診部位も仔細にわたり大幅加筆、全体のページも1割増、さらに充実した内容でお届けする。  書籍では上肢の解剖について説明し、さらには実際の臨床への知識の応用が図れるような内容となっている。動画に収載した各クリップごとに「ベストモーション」画像を大きく掲載,さらに「エクストラモーション」画像とそれぞれの画像に連動したシェーマで、動画の内容を詳しく解説する。そして各クリップで扱った部位の解剖、機能解剖、また臨床への応用についても詳説。単なるビデオ解説書にとどまらない「上肢アトラス」として満足できる内容である。
 2007年04月 5,250円  2007年04月 5,250円 2008年06月 26,250円  
     
   
   
書籍では股関節・大腿・膝関節・下腿・足関節・足部の解剖について説明し,さらには実際の臨床への知識の応用が図れるような内容となっている。動画に収載した各クリップごとに「ベストモーション」画像を大きく掲載,さらに「エクストラモーション」画像とそれぞれの画像に連動したシェーマで,動画の内容を詳しく解説する。そして各クリップで扱った部位の解剖,機能解剖,また臨床への応用についても詳説。単なるビデオ解説書にとどまらない「下肢・骨盤アトラス」としても満足できる内容である。 書籍では頚部の筋・胸部の筋・神経・骨,腹部の筋,背筋・脊柱起立筋,脊椎,腰神経叢・仙骨神経叢の解剖,機能解剖について説明し,さらには実際の臨床への知識の応用が図れるような内容となっている。動画に収載した各CLIPごとに「ベストモーション」画像を大きく掲載,さらに「エクストラモーション」画像とそれぞれの画像に連動したシェーマで,動画の内容を詳しく解説している。そして各CLIPで扱った部位の解剖,機能解剖,また臨床への応用についても詳説。単なるビデオ解説書にとどまらない「脊椎アトラス」としても満足できる内容である。 医療スタッフを目指す学生のために「人体の構造と機能」に関する 知識や理論を,解剖学・生理学の内容から厳選し,わかりやすくまとめた好評テキストの改訂第3版.第3版では,1)新しい看護カリキュラムに沿った章立てとした.2)近年の医学の進歩で明らかとなった新しい基礎知識を加えた.3)各章の最初に,学習する重要事項となるキーワードを新たに加えた.4)臨床に必要な解剖生理学的基礎知識を説明する注を加えた(正常な働きは●,病的症状は★で表示).5)各章の最後に確認問題を加えた.確認問題には,近年の護師国家試験に出題された問題と関連する問題を多く取り込んでいる.
2009年09月 26,250円  2010年09月 26,250円 2012年1月  2,940円
     
     
     
   
初学者が必ずおさえたい解剖生理用語1050について,ポイントを赤字で明示しながらわかりやすく解説.身体解剖図ではまず覚えたい部位の用語を厳選して示した.図は自分で書き加えたり,オリジナルノートづくりにも便利.用語解説・解剖図とも,用語は読みがな付き.全体復習・知識の確認はまとめのページで.携帯しやすいポケット判サイズ.さらにパソコンやスマートフォン,携帯電話などに電子版がダウンロードできる電子版利用権付き. リハビリテーション医療者のためのオールカラー解剖書.鮮明なカラー解剖写真をもとに,解剖学をリハビリテーション臨床と関連づけて習得することを意識してまとめたビジュアルなテキスト.特に,運動器官(骨格・筋肉・関節)の構造と神経・血管の分布を重点に記載.テーマごとに見開き頁で写真と解説を配した定評ある解剖学の定本.  言語聴覚士をはじめ音声医学を学ぶ人達のために口・鼻・耳についての解剖学・生理学をまとめたゼムリンの世界的名著完訳版。解剖学の基礎的知識、呼吸、構音、神経系、聴覚、スピーチと聴覚メカニズムの胎生学、循環システムまで、多くのシェーマ、写真を用いてわかりやすく紹介。  
 2011年12月 2,100円 2006年5月 8,400円  2007年5月  9,870円
     
     
     
 筋-骨格-神経系を関連づけ,わかりやすいイラストで簡潔に解説.運動器全般についての機能解剖が理解できる.理学療法士,作業療法士,柔道整復師,ナースをはじめ,リハビリテーション・スタッフ教育のためのテキストに好適な一冊. 体表からの視診,触診,聴診,X線写真などで観察できる身体内の構造や,運動時に観察しうる生体の構造および隣接器官との相互関係,機能の理解に必要な深部組織・器官につき局所解剖学的解説を加え,臨床との関連をわかりやすく解説.内容はそのままに,ハンディに使いやすくした縮刷版.    なで肩だと胸郭出口症候群になるのはなぜか? 人工骨頭置換術後の疼痛はどうすれば軽減できるのか? 本書は、PTならではの解剖学的視点から、日ごろ遭遇することの多い運動器疾患のメカニズムや痛みの原因、運動療法の選択を症例にそって解説。筋の起始位置がカギだったり、神経の絞扼に思いがけない筋の拘縮が関係していたり……。筋・神経の構造や働きを詳細に把握することで、疾患の要因や治療法が自ずから明らかになってくる。
2000年12月 6,300円 1987年6月 8,400円  2012年05月  4,830円 
     
     
     
   
 四肢、脊柱の臨床的に重要ないくつかの部位について、US(超音波)検査の行われることの多い断面ごとに、その所見をMR像ならびに人体断面と対比したもの。明らかな判断の基準を示す、臨床的に貴重な参考資料。  リアリティの高い解剖写真を豊富に用いた、“臨床”のための運動器アトラス。整形外科医をはじめとした運動器に関わるすべての医療関係者を対象とした、臨床からの視点を重要視した解剖アトラス書。全面カラーのリアリティにこだわった美しく、判りやすい解剖写真。さらに筋骨格の解剖写真と対応するX線写真やMRI画像を並置することで、多様な角度から解剖部位を見ることが可能。また、解剖写真だけにとどまらず、詳細な解説文を施すことで理解が深まる構成となっている。   骨盤帯を中心に腰椎から股関節にかけての機能解剖とバイオメカニズム・疾患メカニズムと,その治療から予防までを具体的に解説した画期的な臨床書.豊富な図説(3D模型や解剖図)と臨床写真(MRI,超音波画像を含む)は,読むものにとって理解を深めるための役立つツールである.
 2005年11月 8,400円  2013年01月 18,900円   2013年01月 10,500円
     
     

もっと見る

  |TOPに戻るカテゴリー別に探す


広告
 


Amazonでリハビリ本を探す   
使用可能カード


 各種カード取扱い
 
 

Coryright©2012 RehabilitationBooks.com All Rights Reserved.