広告
 

関節アプローチ

     
     
 定評ある「関節運動学的アプローチ(AKA)ー博田法」の全面改訂第2版。これまでのAKA技術に修正を加えながら、新知見を盛り込み、新しい技術の詳細を全編にわたって、分かりやすいイラストと鮮明な写真を収載して紹介。関節神経学的治療法(articular neurological therapy: ANT)を加え、内容を一新しました。 「関節運動学的アプローチAKA―博田法」の最新の治療技術が網羅され、その全ての手技を博田先生自らが実践指導された「AKA-博田法」技術の集大成版! 各手技について、骨指標と3つのアングル(正面、側面、アップ)の4種類の映像と3画面の同時映像を視聴でき、体系的に理解しやすい。また、術者の全身、特に下半身の使い方を見ることができるよう工夫されており、「AKA―博田法」の技術習得の補助、復習に最適! 付録テキストでは,各技術の骨と手の位置関係を、骨格模型を用いた静止画で示しておりさらに理解を助けている! 関節ファシリテーション(SJF)は、関節運動学と関節潤滑機構に基づく技術を取り入れた関節機能障害のための新しい治療技術である。600点以上の図・写真を用いて、理論から実践まで丁寧に解説しており、さらに、写真だけでなく3次元CT画像を示すことにより、感覚的に理解しやすいよう工夫されている。理学療法士、作業療法士のためのSJF実践マニュアル。中身を見れば納得の充実度。常に進化を続けるSJFの最新の知識・技術が書かれています。
2007年10月 7,140円 2010年09月 59,850円 2012年01月 5,775円
     
理学療法士・作業療法士をはじめセラピストが治療を行ううえで、機能解剖学および生理学の知識は必須といえる。本書では、頚椎-手指関節(頚椎、肩、肘、前腕、手、指関節)の上肢部位について、関節機能解剖学の観点から取り上げた。各疾患により生じる症状に応じた疼痛解釈や可動域改善を得る為のアプローチ方法など、適切な時期に適切な治療を行うための知識を分かり易く解説する。 関節神経学的治療(ANT)は、体幹あるいは四肢の関節に、運動を伴わない静的な状態において、滑り、圧迫、および離開を単独または組み合わせて加えることにより、関節受容器を刺激し、運動機能を改善する方法である。 「ANT」は「AKA-博田法」を用いても、なお不足する運動療法の欠陥を補う技術として開発されたが、「ANT」を行う前に「AKA-博田法」によって関節受容器機能の改善を要することも多く、「ANT」と「AKA-博田法」はお互いに補足し合う関係にある。 . 整形外科疾患に対する運動療法は,観血的治療であればその手術が決して一つではなく、各手術に応じて適切に展開される必要がある。保存療法であっても、急性外傷、変性疾患、スポーツ障害等、時期に応じた病態考察と、病態に見合った運動療法の選択が、良好な結果を生む本書では、治療に必要な整形外科的知識、治療、能解剖学の応用、具体的な運動療法の技術と留意点について、症例解説を通して学ぶ事ができる。
2011年05月 4,830円 2011年06月 21,000円 2008年04月 6,825円
     
     
     
 
著者らは,臨床的経験から二・多関節筋を十分に伸展させるためのストレッチングに際して,筋の起始・停止のいずれかを緩めた形で目的の筋にストレッチングを行うことによって,極めて容易に筋の弛緩が得られ,関節可動域の拡大することを認め,これをメディカルストレッチングと名付けた。本書はこのメディカルストレッチングの実際をわかりやすい豊富な図・写真を駆使,著者らの経験を通じての知見をまとめたものである。   新たに創刊される系別(領域別)理学療法学のテキストの1冊。理学療法士に求められる骨関節疾患への知識と技術を多くの写真やシェーマを用い、明解な文章で解説していく。各養成校のカリキュラムを意識して組み立てられた目次と項目立てに即して、臨床や教育の現場で活躍する第一線の執筆陣が漏れなく、分かりやすく教授する。臨床に出てからも参考とすることができる、理学療法士を志す学生のための一冊!  
 2008年05月 3,675円  2013年2月 5,040円  
     
  
   |TOPに戻るカテゴリー別に探す


広告
 


Amazonでリハビリ本を探す   
使用可能カード


 各種カード取扱い
 
 

Coryright©2012 RehabilitationBooks.com All Rights Reserved.