広告
 

検査値

検査値を基準値の暗記、数の大小で一喜一憂する数値としてだけでなく、症状や予後に結びついた生きた患者情報として看護の中で理解できる。「臨床例題」「臨床の視点から」から学ぶ楽しさを感じ、「さすが!な知識」で専門用語の理解をすすめよう。リハビリテーションにおいても検査値の把握は必須です。 本書は,Heart View 2006年8月号〜2010年2月号まで連載された「循環器専門医に必要な知識(診断編)」をupdateしてまとめた書籍である。問診と身体所見のとり方から各種検査について,正しく診断するためにいかに的確に検査を選択し,結果を読み,判断するかをポイントを交えながら解説し,各種検査法の意義,読み方,考え方,診断への活かし方について必要な知識を存分に掲載した。日常診療において,正しい診断を導くための道標として活用していただきたい。 “考える検査”をサポートする検査値判読マニュアルのベストセラーの改訂版。今版は新たに巻頭カラー図譜を設け、血液細胞、グラム染色、尿沈渣などの写真を掲載した。また、新規保険収載項目、保険点数情報などの最新情報も引き続きブラッシュアップ。異常値のでるメカニズムを理解し、必要な検査と無駄な検査を見極めるのに役立つ本書は、圧倒的な情報量で全医療関係者をサポートします。
2013年2月 2,310円 2013年02月5,775円 2013年02月 5,040円
日常診療で広く使われる検査項目を重点的に取り上げ、患者に負担の少ない臨床検査を重視、その検査結果を最大限に診療に生かす方策に到達するための、知識と考え方を提供する。網羅的で辞典的な本とは一線を画し、medicineを学ぶ医学生や研修医、生涯学習を続ける医療関係職が、デジタル情報に振り回されることなく、専門教育の初期段階から、“得られたさまざまな医療情報から実像を捉え、その背景を考える能力”を養う。 本書は、これを読めば透析患者ケアに必要な検査情報はほぼ満たされるという必要事項を載せた。約40の検査項目よりなっており、それぞれの検査項目における標準値、異常値とその原因、検査値からわかることとそこから導き出せる治療方針、患者さんへの指導のしかた、などについてわかりやすく解説されている。 臨床検査ガイドの決定版として,医師,コメディカルスタッフに愛用され続けるベストセラー.最新情報を盛り込み,前版よりさらにわかりやすく,使いやすく改訂した.各項目の冒頭に「デシジョンレベルの表」「基準値の表」を設け,「検査によって何がわかるか」「どういうときに検査するか」「測定上の注意」「異常値が出る疾患」「予想外の値が得られた場合にはどうするか」「異常値がみられた場合の検査の進め方と対応」「保険適応の条件」など,見やすく整理して解説している.ぜひ手元に置いて,日々の診療に活用していただきたい.
2013年02月 6,300円 2010年06月 2,100円 2013年03月 8,925円
     

   |TOPに戻るカテゴリー別に探す


広告
 


Amazonでリハビリ本を探す   
使用可能カード


 各種カード取扱い
 
 

Coryright©2012 RehabilitationBooks.com All Rights Reserved.