理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の為のリハビリ書籍リハビリ本検索ライブラリーサイト

リハビリ書籍検索サイト






子どもにかかわる支援者のための保育・教育を,発達の視点から基本2頁でまとめた,すぐに使える実践書.発達をみるときには「遠城寺式発達検査表」を活用.最初に「ポイント」をまとめ,「すぐに実行」「これはNG」が一目でわかるように工夫.子どもに無駄な努力をさせないためには発達の視点が不可欠であることを,わかりやすく医師が問いかける“やさしい保育・教育”実践のための1冊.
2014年6月 3,024円


本書は,ボストン大学バーロウ教授の認知行動療法研修を載録し,教授が同大で製作し,研修でも一部上映したセッション事例DVDが付属している.3部構成の書籍の第I部で,本書や関連書籍、web素材の使い方を解説.第II部が研修載録である.2013年9月に東京で行われた研修は,初心者にもわかりやすく,かつUPを実践するうえでの臨床判断にまで及ぶ.第III部では,DVDの中心トピックである感情曝露と,DVDの各セッション事例を詳説した.
2014年6月 7,020円

神経筋疾患・脊髄損傷患者における呼吸障害と、その呼吸リハビリテーションに関する知識・技術を整理し、共通の推奨ラインを示した本邦初のガイドライン。近年、呼吸障害者の生命予後の改善に大きく寄与している非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)の導入・管理方法をはじめ、呼吸障害者の生活の質(QOL)向上を図る各種アプローチの共通項を、疾患横断的にコンパクトにまとめ、臨床現場での使いやすさを重視した構成となっている。
2014年6月 3,024円


様々なケースの子どものPTSDについて,各分野のエキスパートが診断や治療など臨床での経験とともに最新の知見をわかりやすく解説.PTSDの概念から薬の使用についてなど,症例とともに詳述している.子どものこころの問題に関わるすべての方々に役立つ一冊.
2014年5月 5,940円


発達障害の原因である脳機能障害をしっかりと理解し,発達障害児(者)を支援するための知識が身につく,ノート形式でポイントをおさえたユニークな構成.ヒトの脳の発生からはじまり,発達とはなにか,発達障害とはなにか,発達の適切な評価手順と方法,具体的な検査法,発達障害の子どもを支えるために必要なリハビリテーション,関連する脳解剖の基礎知識,そして,成人期に向かって気をつけるべき疾患を解説する.
2014年5月 3,888円


“保険診療としてのリハビリテーションチーム医療の全体像の俯瞰”と“カンファレンスなどにおける多職種間の相互理解への手助け”の2点に重きをおきつつ,リハビリテーションチーム医療の概要について図を交えながら簡潔に解説.医師,看護師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,ソーシャルワーカー,ケアマネージャーなどリハビリテーションチーム医療を担う多くの職種の知識が整理され,日々の実践に役立つ1冊.
2014年5月 3,024円


85歳以上の肺炎による死亡率は若年成人の1,000倍であり,90歳以上男性の死因の第1位が肺炎である.そしてその大多数を誤嚥性肺炎が占める.しかし,高齢者においては「ムセ」など,誤嚥の特徴は非常に乏しく,これを見逃してしまう例が後を絶たない.本書では,地域医療において活躍し,数多くの嚥下障害患者を診療してきた著者が,そのノウハウを惜しみなく伝授する.耳鼻科医はもちろん,高齢者に接するすべての医療者の必携書.
2014年5月 4,104円


筋の触診では走行に沿って触れられる能力だけでなく、隣接する筋との区別、異常な筋緊張や痛みを呈している部位を評価する力が必要である。第1版で好評だった写真での触診方法に立体的な筋のイラストを加え、触診の基本事項について初学者でも理解しやすいようにより詳細に解説した。身体に関わる全職種に必要とされる基礎知識のつまった一冊。
2014年5月 8,208円


本書は、臨床実習に臨む際に最低限必要となる項目を一目で確認できる構成となっており、はじめて患者さんと接する緊張の場面で、「やり忘れた評価・検査はないか?」「どんな治療を行えばよいのか?」「地雷(禁忌事項)は踏んでいないか?」と不安になったとき、本書を取り出してすばやくチェックすることができる。
2014年5月 3,024円


編者らが独自に発見した人体の運動の法則性と,統合的運動生成概念に基づいて運動を再定義した独自のアプローチBiomechanics & Neuroscience Integrative Approach(BiNI Approach)を開発したので紹介する.自然科学の世界で証明されている事実や法則性などに基づき,それらを統合して解釈することで,今までとは異なった新しい視点で人の運動の概念を提唱している.リハビリテーションや全ての臨床家にとっての指針となる一冊.
2014年5月 6,804円


PARTⅠでは変形性膝関節症の病態・軟骨代謝障害・痛み・エビデンス・手術療法について解説し,PARTⅡでは膝OAの運動学・運動力学的特徴と体幹・膝・足部・歩行から捉えた評価と治療戦略,慢性疼痛疾患として捉えた評価と治療戦略について解説し,PARTⅢではTKA後における体幹・膝・歩行から捉えた評価と治療戦略,HTO後,運動イメージ・運動観察,術後の筋緊張・動作パターンから捉えた評価と治療戦略を解説している.
2014年5月 5,616円


理学療法士にとっての廃用症候群について,今ぜひ押さえておきたいポイントを一冊にまとめた.前半で,さまざまな廃用症候群の特徴,発症のメカニズム,経過など,前提となる基礎知識を症状ごとに簡潔に解説した.後半で,実際の臨床でどう対応すべきか,主な疾患に特有な廃用症候群を想定し,その予防と臨床的介入について具体的に解説した.理解の助けになる図表も多用し,新人・若手理学療法士向けに,わかりやすく記載した.
2014年5月 6,480円


患者のためにより良い医療,より良い連携を目指した,これからの理学療法に欠かせない一冊.回復期のPTは,急性期で行われている理学療法のノウハウをすぐに臨床に生かすことができる.急性期のPTは,エキスパートによる実践の濃い内容まで学ぶことができる.
2014年5月 7,560円


身体機能を扱うセラピストが自身の技術・知識を活かすための準備,つまりセラピストとしてのスタートラインに立つために必要となる体と心の扱い方・動かし方を解説するテキスト.筆者らが行う身体心理学を基にした対応の考え方,トレーニング法,実際の症例などを学ぶことができる.理学療法士,作業療法士,柔道整復師,鍼灸師など運動器・身体機能を扱う医療者,およびそれらを目指す学生は必読の一冊.
2014年5月 3,780円


競技の種目特性に基づき,スポーツ外傷・障害の予防法から,評価,応急処置,治療,リハビリテーション,再発予防までをまとめた実際書.22種の競技について,医療現場(ドクター担当)とスポーツ現場(トレーナー担当)でそれぞれ目線を同じくしてペアで解説.専門外の競技への対応が学べるだけでなく,クロスエデュケーション,クロストレーニングにも役立つ.今改訂では競技特性をより明確に打ち出すことを主眼に構成の見直しを行った
2014年5月 7,344円


理学療法士,作業療法士,言語聴覚士にとどまらず,臨床心理,特別支援教育に携わる人々の間でも定評を確立した「脳科学入門」の改訂版.神経科学の基礎から「社会脳(ソーシャルブレイン)」まで,初版のボリュームを倍増させて脳科学学習の全領域をカバーした充実の内容です.本文は2色刷でいっそうわかりやすくなり,好評の「コラム記事」も倍増.さらに初版以来,好評の付録「脳の紙工作モデル」も巻末に付けました.
2014年6月 3,672円


ひと口に「非特異的腰痛」といっても、前屈時の痛みと、後屈時の痛みではメカニズムが異なる。本書は、こうした腰痛のメカニズムを詳細に解説。主に非特異的腰痛を対象に理学療法評価を行い、それぞれの症状に応じた運動療法とホームエクササイズの方法を具体的に述べる。特に運動療法については、豊富なイラストおよび写真でビジュアルに解説。
2014年5月 4,536円


リハ現場ならではの悩みや問題,リハに関心ある他科医の疑問など,今さら聞けないモヤモヤの数々に第一線で活躍するリハ医やスタッフが,本音やユーモアを交えながらズバリ直球で答える.読みやすい文章,ハンディなサイズ,各項目読み切りの構成となっており,忙しい臨床の合間でも手に取りやすい一冊.
2014年6月 3,888円


もっとも身近にもかかわらず,あまり考えずに対処してしまいがちな「痛み」.痛みとは何か,そのメカニズムを把握することにより,臓器や筋肉の痛み,関連通などの幅広い痛みの種類を理解し,さらには痛みを止めるしくみや耐性・プラセボまでを自然と理解できる.親しみやすい解説と豊富なイラストで「痛み」を楽しくマスターできる,医師,薬剤師,看護師,理学療法士など,すべての医療従事者にお薦めの一冊.
2014年4月 3,456円


本書第1巻では,自動運転免許制度,健常者の自動車運転と事故発生,高次脳機能障害者(てんかん患者や認知症患者)の自動車運転と社会参加の状況を報告,さらに高次脳機能障害者の自動車運転再開に関してリハビリテーション病院の具体的な取り組みや海外論文と簡易自動車運転シミュレーター等を紹介している.脳機能障害者の自動車運転再開の対応に難渋する医療・リハビリ・福祉スタッフや諸問題に関係する人々(患者・家族など)には自動車運転再開の指針となる必携の書である.一読をお勧めする.
2014年5月 3,024円


本書では,腰痛発症のメカニズムを理解するための解剖学的知識や疫学,さらには代表的な腰痛を発症する病態や痛みを発症するメカニズムなどのサイエンスを前半で丁寧に解説する.後半では,整形外科・麻酔科の先生方が診断法・治療法について,それぞれの専門分野を分かりやすくレクチャーし,特に治療法の選択に関する考え方まで記載されている.また,腰痛に対する心理療法・認知行動療法の有用性・適応なども網羅している.簡潔で解りやすい記述と全ページカラーのビジュアルな誌面により,初学者からベテラン麻酔科医まで,興味とレベルにあわせて,読みたい項目を選んで読める.
2014年5月 12,960円


日進月歩で進歩する痛みの基礎研究分野,および多くの専門分野・領域の医師やコメディカルが携わる痛みの臨床領域のup to dateな知識を凝縮して学ぶことの出来る教科書.重要かつ最新の用語を分類し,1項目につき1~2ページとコンパクトながらポイントを押さえてレクチャーする.日本ペインクリニック学会,日本麻酔科学会,日本整形外科学会など,各種学会の専門医試験対策にも有用な1冊.簡潔で解りやすい記述と全ページカラーのビジュアルな誌面により,初学者からベテラン麻酔科医まで,興味とレベルにあわせて,読みたい項目を選んで読める.
2014年5月 14,040円


うつ病再発予防・重症度軽減効果が実証された治療プログラム「Keeping the Blues Away(KBA)」に基づく、医師と患者のための共通テキスト。「自然な生き方」の原理・原則に立ち戻り、具体性をもつ10のステップでそれを実践すること。本書は、そうしたアプローチによる「うつ病再発予防」の実践ワークブックである。
2014年5月 3,780円


前著では起きてしまった失敗を「内容」、「原因」、「対応」、「結果」、「解説」の項目立てで構成し、起きた失敗を分析、失敗を起こさないための対策を学んだ。本書では「気づき」を軸に「きっかけとなった場面」、「気づかされた言葉」、「そのときのスタッフの心の中」、「気づかされた内容」、「気づいてからの対応」、「解説」の項目立てとし、どのような場面でどのような気づきがあったのか、その気づきから何を学んだのかを50個の実例を用いて提示する。今回はさらに管理者の立場からの気づきも掲載。事例を担当したセラピストそれぞれの感性も感じられ共感しつつ実践的に学ぶことができる。 
2014年5月 1,944円


脊椎関節炎の中核群である「軸性脊椎関節炎」について,診断から薬物治療,リハビリテーション,患者の生活指導まで丁寧に解説。①診察法:写真を用いて、丁寧に解説するとともに、日常の診療に役立つよう、鑑別診断・合併症についても触れています。②薬物療法:最近の薬物治療の主流である生物学的製剤を事例とともに紹介し、さらに疼痛緩和についても解説しました。③ADL指導:日本の生活様式に沿った日常生活の注意点を述べ、さらに、治療体操とそのポイントをカラー写真で解説しました。
2014年4月 3,780円


理学療法士と作業療法士の治療の目的は、患者の身体的な機能の回復だが、身体的なスキルの向上は必ず心理的な活動をともなう。本書ではその臨床活動に心理学の原理をどう使うかを詳細に述べる。前半は、患者とよい治療関係を築いていくためのコミュニケーションスキルを高める方法、後半では、患者の心理的な問題をどう解決するかを具体的に説明。症例をあげてわかりやすく具体的に書かれているので、すぐに臨床の場で実践できる。
2014年4月 2,160円


自閉症の診断は子どもが2歳以上にならないと明らかにできないのが常であるが,テイテルバウムらの約20年にわたる研究によって,自閉症やアスペルガー症候群の可能性は,赤ちゃんのうちからその兆候が見つけられることがわかった.専門医に限らず母親やその保護者が見分けられる方法を多数のイラストによって具体的に提示,適切な診断・療育を初期段階から始めることがいかに効果的であるかを説く道標の書.
2014年4月 3,024円


クラインフォーゲルバッハが創設した「機能的運動療法(FBL)」は世界中の理学療法士、作業療法士、スポーツインスタラクターの間で高い評価を得ています。本書『エクササイズ編』はこのシリーズのハイライトとなるもので、体幹バランスを重視したトレーニング例の紹介はもちろんのこと、施術映像や患者用訓練用シート搭載のDVDも必見です。
2014年4月 5,800円


心不全のチーム医療では、医師だけでなく、看護師やリハビリスタッフなどあらゆる職種の視点で問題点に取り組み、チームの結束が必要だが、そのために必要な共通理解、準備、運営、スタッフ構成など、チーム立ち上げに必要な要素がすべてつまった1冊である。
2014年4月 4,104円


言語聴覚士が臨床において必要な知識と技術を網羅した“茶本”を全面的に刷新した「改訂第3版」.言語聴覚士を目指す学生にとって,資格取得のための重要な一冊であるとともに,臨床現場でも活用できることを考慮しています.各章では,臨床の流れを図で示し,言語聴覚士が臨床において患者の障害に対してどのようにかかわるのか,わかりやすく示しています.すべての項目は見開き2ページで読み切るよう構成.〔豊富な図表〕と〔2色刷〕で,臨床の流れが手に取るように分かります.
2014年4月 7,344円


認知行動療法(CBT)はエビデンスをもつ心理療法として、リハビリテーション分野へも応用が進んでいる。本書は英国で刊行され、理学療法士・作業療法士に向けてCBT活用を説いた初めての書籍。うつ病、不安障害などの精神科疾患をはじめとして、慢性疼痛、線維筋痛症、慢性疲労症候群などの患者に対し、理学療法士・作業療法士がCBTの技法をどのように臨床に取り入れているかを学ぶことができる。
2014年4月 4,536円


管理栄養士は、嚥下障害が起きている原因を考え、それに対応した食事はどのような食形態がよいのかを提案する必要がある。本書は、咀嚼・嚥下のしくみから各種疾患による嚥下障害、嚥下調整食やとろみについて学ぶ入門書である。
2014年4月 4,320円


新進気鋭の術者が、脳神経外科手術の初学者向けに、セッティング、開頭、アプローチから手術の実際まで、会話調でわかりやすく解説。各種アプローチと主な動脈瘤、CEA、high flow bypassまで領域全般を網羅。美しいイラストと高精細な術中画像+動画で、解剖、手術がよくわかる。
2014年4月 10,800円


診察室で痛みが改善されても、実際にグラウンドに出て投球を開始すると、すぐに痛みが再発してしまうケースが見受けられます。痛みが取れただけでは100%のプレーはできず、投球動作につなげたトレーニングを段階的に行う必要があります。本書では、評価法から現場復帰に向けたトレーニングまでを、整形外科医・理学療法士・トレーナーが実践的に紹介しております。
2014年4月 4,212円


かつて服部一郎らがリハビリテーションの基本技術の実際を集大成し、多くの人に愛読されてきた書物が、その意思を継ぐ著者らの手によって全面改訂。600以上にもおよぶ図の豊富さはそのままに、さらに今日の実地診療に対応できるよう最新の知見が盛り込まれた。初学者から熟練者にまで役立つ、まさにリハビリテーション技術の百科全書といえる1冊。
2014年4月 19,440円


子どもの心の診療を、「診察の仕方・診断評価法」、「精神医学的治療・支援法」、「各障害の診療の仕方」の3領域に分け、第一線でご活躍の著者に、そのエッセンスをくまなくご披露いただいた。子どもの心の診療に携わる専門家が身近に置いて、臨床上のヒントを求めて気軽に参照できるハンディなガイドブック
2014年4月 3,996円


運動器の障害により、介護が必要になったり、寝たきりになったりする危険性が高い状態を「ロコモティブシンドローム(運動器症候群/通称ロコモ)」といいます。本書は、ロコモの概念を提案した著者が、運動器のメカニズムから、自分の運動器の状態を自己点検できる「ロコチェック」、予防・改善のための実践「ロコトレ」までをイラスト付きでわかりやすく解説します。介護を必要とせず、自立した生活を長く続けるためには、自ら予防を心がけ、自身の状態にあわせて、上手に身体を使うことが大切なのです。
2014年4月 2,160円


本書は、運動学、力学などのバイオメカニクス、褥瘡、身体拘束、マット評価など必要な知識が網羅されており、高齢者、障害者、小児と幅広い対象者に、また急性期・回復期・生活期を問わず活用できる「シーティングの基礎」となる一冊である。
2014年4月 3,564円


ユニークなイラストとわかりやすい解説で解剖学が驚くほど面白く理解できるテキストとして大好評の書の改訂版。イラストと解説を読み進めていくうちに暗記に頼らずとも必要な知識を身につけることができる。今回、全面的に記述を見なおすとともに、はじめて役に立つ解剖用語記憶術も付録として添えた。
2014年4月8,208円


整形外科疾患に対する運動療法は,観血的治療であればその手術が決して一つではなく,各手術に応じて適切に展開される必要がある。保存療法であっても,急性外傷,変性疾患,スポーツ障害等,時期に応じた病態考察と,病態に見合った運動療法の選択が良好な結果を生む。また同じ診断名であっても,症例ごとにバリエーションが非常に多く存在し,その対応には多くの知識とともに,症例を通して考察し治療した豊富な経験が必要である。「症例から学ぶ」ことは臨床家の最も基本的なスタイルであり,症例を通して何を学ぶかが,臨床家としての成長に必要なのである。本書では,治療に必要な整形外科的知識,治療,機能解剖学の応用,具体的な運動療法の技術と留意点について,症例解説を通して学ぶことができる。
2014年3月7,344円


小児の神経所見のとりかたについて,研修医・若手医師が最初に身につけるべき内容に絞って解説した実践テキスト.実際にベッドサイドで神経所見をとるイメージが湧きやすいようにカラーイラストをふんだんに盛り込み,初学者が目で見て理解できる“超”入門書.小児科医を目指す若手医師必携の1冊.単に所見のとり方を覚えられるだけでなく,その所見に異常があった場合にどんな疾患や病態が考えられるかを簡潔に解説しているので,ベッドサイドですぐに役立てることができる.小児科医を目指す若手医師が最初に身につけるべき最小限の神経所見に内容を絞ってあるので,神経所見のとりかたを学び始める入門書として最適のテキストである.
2014年3月4,320円


すばらしい研究内容,なのに眠くなってしまう….どうすれば聴衆を飽きさせない,よいプレゼンテーションができるのか.多数の賞を受賞してきた著者が,『シンプルプレゼン』をベースに,これまで実践してきた研究発表のプレゼン・テクニックをビジュアルに解説.スライド例を豊富に掲載し,文字の色や大きさ,図表の見せ方についても詳しく説明.研究デザインのコツや,臨床データのまとめ方も掲載.よりよい学会発表を行うための知識を凝縮した一冊.
2014年4月3,240円


一人前の作業療法士になる成長過程において、作業に焦点を当てた実践の型を身につけることは非常に大切である。その実践における型が凝縮されているのが「事例報告」といえる。本書では、作業に焦点を当てた実践を行うために必要な基礎知識、また代表的理論や評価法、治療手技を紹介した後に、クライエントとの協働から生まれた良質な31の事例報告を掲載している。作業療法の楽しさがわかる全項目見開き完結型の事例報告指南書。
2014年4月3,780円


ひとつひとつの筋について,視覚的にわかりやすい解剖図を掲載. 筋の作用を理解するためのガイドラインを収載し,単なるマニュアルではなく臨床的思考力を養うことに配慮. 主要な骨ランドマークについて,第2章と第5章で豊富な図を用いて解説. 必要に応じて,実際の人物写真に重ね合わせて,筋と骨格を示すイラストを多数掲載. 各章の章末には復習問題,それに加えて第6章以降では症例検討も掲載し,知識の整理と臨床での応用を手助け. 筋・骨格およびその触診について学ぶ学生・医療従事者にとって,基本から臨床まで活用できる必携の一冊.
2014年4月8,640円


2004年,精神保健医療福祉の改革ビジョンにおいて「入院医療中心から地域生活中心へ」という基本方針が掲げられた.本書はこのような時代の要請に応じ,精神保健領域の作業療法を網羅するテキストとして,さらには臨床家のための実践書として編集され,初版から7年間で高い好評をえ,版を重ねてきている. 2013年,地域福祉を促進する「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」が施行されることにあわせ,今回大幅な見直しを行い,さらなるバージョンアップをはかった.
2014年3月4,212円


がんの骨転移によって痛みや病的骨折,運動麻痺を生じると歩行や日常生活に支障をきたし,QOLは急激に低下する.一方で慎重になりすぎ過度な安静状態や寝たきりになると,身体機能やQOLが低下してしまう.骨折のリスクなどに十分注意しつつ,リハビリテーションを実施し,身体機能を維持・向上させ日常生活を過ごしてもらうことが求められている. 早期診断・治療,症状緩和,リハビリテーションを含めた包括的なチームアプローチは,骨転移患者のQOL向上や生命予後改善のためには必須である. 本書は多職種の視点から,診断や治療,リハビリテーションやチームアプローチの実際について具体的に示し,今後基準となる指針作成のきっかけになるようまとめられた意欲的な一冊である.
2014年3月5,292円


著者独自の描き方である「透視図」「断面図」で描かれている。透視図は心臓を正面から透かして見たい部位に絞り込み、カテーテル検査・治療に役立つ。断面図は心エコーの参考となるラインで切り取られ、検査に役立つ。かゆいところに手が届く心臓解剖図である。
2014年3月4,725円


必要十分な統計学的知識を身につけて,論文を読んだり,医療研究を行ったりできることを目指した,初学者向けのテキスト.
2014年3月2,940円


年々増加してきている低侵襲の脳血管内治療では,透視下での遠隔操作による術中出血や血栓症などの合併症対策に習熟することが求められる.本書では実際に遭遇したトラブルを再現し,リカバリーするための対処法を解説.トラブルシューティング法の選択肢を紹介することで施術者の判断力を養い,また,さらに知識を深めるための解説やコツやピットフォール,ワンポイントアドバイスなど,臨場感あふれる紙面構成で,トラブル対処の方法を身につけることができる格好の書.
2014年3月5,250円


「傷ついた手」をuseful handへ方向付けていくために,作業療法士が果たす役割はきわめて大きい。本書は骨折や末梢神経損傷など,作業療法士が携わることの多い疾患を中心に,「使える手・生活する手」へ導いていくために実施している機能訓練などの治療技術や日々活用している作業活動を,豊富なカラーイラスト・写真で解説した。技術だけでなく,解剖学や病態などの理論も併せて述べ,ハンドセラピィに携わるすべてのセラピストに役立つ内容となっている。
2014年3月5,775円


国立長寿医療研究センターもの忘れセンターの第一線で認知症診療に携わっている医師による,認知症のガイド。実際に医療スタッフや認知症患者の家族(介護者)からの質問に答えるQ&A形式で,認知症をわかりやすく解説。介護者から聞かれたときに「こう答えるといいよ」というアドバイスになる1冊。
2014年3月2,940円


学生や経験の浅いセラピストを対象に,外来で遭遇するスポーツ障害のリハビリや治療に関する実践的な技術書.部位別に機能解剖をわかりやすく解説したうえで,具体的なリハ・治療法についてまとめられている.
2014年3月8,925円


症例を通して整形外科運動療法の知識と技術を学び,よりよい結果へ導く道しるべ『ナビゲーション』。臨床に役立つ内容を凝縮・満載して高い評価を得た初版の形式を踏襲しつつ,超音波解剖,新しい術式など最新の知見を反映し全面刷新,更なる充実化を遂げたオールカラー改訂第2版。『上肢・体幹』には,「肩関節」「肘関節」「手関節・手」「体幹」を収載した。
2014年3月7,140円


C4~C8aレベルの実際の頸髄損傷患者8名が被験者となり、臥位で行う検査、車いす上で行う検査項目を収録。DVD(105分)では、教科書通りにはいかない実際の検査における測定のポイントや適切な評価の仕方、代償動作への対応方法などをリアルに学べ、検査の知識・技術をきちんと身につけることができる。オールカラーのわかりやすい解説書付き。徒手筋力検査の項目のみだけではなく、生活場面に即した支援ができるようADL諸動作として車いす走行や投球動作、つまみ動作なども収録。
2014年3月5,040円


概論や評価、マネジメントに加え、生活行為別・障害・疾患特性別にみたテクニカルエイドの選択、使用に関する具体例を豊富に紹介している。適切に選び、よりよく使うことで、テクニカルエイドを利用される方の生活を広げるために、ぜひ本書を手にしていただきたい。
2014年3月3,990円


脳血管障害発症直後の病院前救護,病院の救急外来,ストロークユニットをはじめとした急性期病棟といった場面を切り取り,実際の担当医・担当者の思考や動きに沿って,押さえておくべき事項をまとめ,また,それらの理論的背景が理解できるように解説.前半は,横断的は組み立てにより総合的視点を養い,後半は,各疾患や症候をベースに縦断的な構成とした.「サイエンスに基づく臨床」また「臨床に必要なサイエンス」という本シリーズの本幹は,分子生物や解剖などの基礎分野を取り上げることにより実現した.
2014年3月15,750円


わが国の脳神経外科が関与する領域は,諸外国では考えられないほど幅広く,膨大な量を占める.それぞれに対応する表面上の手技は多岐にわたるものの,本質にあるエッセンスはかなり共通するものである.本書は,単純な表面上の手技書ではなく,常にサイエンスを意識させ,手技の本質を理解させることにより,さまざまなイベントに臨機応変に対応できるようになることを目的とした1冊.
2014年3月18,900円


臨床栄養に必要な主要知識・データを収録し,ポケットサイズに編集.解剖生理,代謝,各栄養素,アセスメント等の知識をコンパクトに解説した「準備編」,現場で必要となる経腸・静脈栄養,病態栄養のデータを網羅した「実践編」の二部構成で,実践しながら正しい知識が身につく.看護師,管理栄養士だけでなく,チーム医療に携わる全スタッフで共有すべき情報をまとめた充実の一冊.
2014年3月 2,940円


運動器疾患に携わる医療者に必要な人体解剖から機能解剖,運動学,形態学,ファシリテーションテクニックまでの知識がこれ一冊で理解できるビジュアルブック.フルカラー写真で体の構造や各部位の動き・働きなどの基本的知識と,経皮的解剖に基づいた触診の実際を解説.筋の起始・停止部や神経分布,表層解剖から段階的に浅層~深層にいたる各層の筋・骨・靱帯までが手に取るようにわかる.
2014年3月 6,300円


フィジカルアセスメントにつながる解剖生理・病態生理の知識を1冊に!
的確なフィジカルアセスメントの第一歩は、身体のしくみとその障害を知ること。人体の構造と機能に始まり、機能の破綻によってどのような障害が起こるのか、どの部位にどのような症候が表れるのかを解説。症候出現の根拠がわかれば、フィジカルアセスメントのポイントが見えてくる。機能障害の枠組みと、豊富なイラストで解説する、“フィジカルアセスメントのための解剖生理・病態生理”。
2014年3月 3,570円


臨床検査値を正しく解釈でき,かつ日頃の業務に活用できるように,臨床検査とはどういうものか,実際の疾患にどう使われているか,また代表的な症例での臨床検査値はどうなっているのかをわかりやすく解説.さらに演習問題や管理栄養士国家試験問題も載せ,トレーニングを積みやすいように工夫した.
2014年3月 2,625円


PT・OT・STが日常臨床で遭遇する機会の多い疾患を中心に,より新しい知識・情報を導入し,ブラッシュアップをはかった最新版.STもこれらの疾患に対する知識・情報が必要であることから,STも読者対象として視野に入れた改訂版.
2014年3月 2,730円


研究の考え方(1章),研究計画の立案(2章)から,ほぼすべての研究分野を網羅した実践的なマニュアル(3〜17章),統計学的分析法(18章),学会発表の方法(19章),論文の書き方や投稿(20章)まで,理学療法研究に必須の内容をすべて盛り込んだ.マニュアルの章は,基礎知識と基本技術で構成.実験や検査の手順の実際を簡潔にまとめた.「用語」コラムで用語を解説し,「メモ」で補足的な説明.読者の理解を助ける図表を多用した.
2014年3月 5,460円


「片麻痺」と「高次脳機能障害」、脳損傷の謎に対するリハビリテーションの挑戦。脳のリハビリテーションのための入門書。19世紀末に始まる片麻痺の医学史は、人間の脳機能が解明されてきた歴史と歩みを共にしてきました。本書は、脳機能の科学的な解明という現代の観点から片麻痺と高次脳機能障害を連続した脳の病態と捉え、その理解の仕方、そしてそこから導き出される治療方法の開発という流れで、現代リハビリテーション治療の全貌と将来のビジョンをわかりやすく描き出した力作です。
2014年4月 5,940円


厚生労働省主催、日本整形外科学会/日本リハ医学会後援による『義肢装具等適合判定医師研修会』のサブテキスト。処方した義肢装具の適合判定に必要なポイントを図示し、箇条書きを主体とした文章で要領よく解説。今版から「疾患と装具のチェックポイント」の章を追加。医師だけでなく、義肢装具の基本を学びたい技師、PT/OT学生の教科書としても最適な1冊。2013年4月施行の「障害者総合支援法」にも対応。
2014年3月 7,980円


手外科領域において,長い伝統を誇る新潟大学グループの実績に裏打ちされたビジュアルな実践書.前身『手の外科診療ハンドブック』を刷新するとともに,橈骨遠位端骨折や腫瘍性疾患,外傷後遺症・麻痺手の機能再建といった患者のQOLに直結するリハビリテーション関連項目を新設・拡充した.豊富な機能解剖シェーマや症例写真が収載された,診療現場で頼りになる一冊.
2014年2月 12,600円


わが国の新生児疾患をカラー写真で網羅する。新生児医療と看護専門誌『ネオネイタルケア』295回分の連載を中心に、わが国の新生児疾患を網羅する。254疾患・872症例をカラー写真・図表1,873点でビジュアルに表示。
2014年2月 39,900円


「画像解剖学」の入門書として多くの診療放射線技師養成校で活用されている書籍の改訂第2版。単純X線,X線CT,MRI,超音波,核医学はもちろん,マンモグラフィや眼底写真なども網羅。箇条書きスタイルの平易な解説と欄外の囲みの記述(「ひとこと」「豆知識」「調べておこう!!」など),豊富な正常症例の画像と対比させたシェーマのほか,画像解剖を理解するうえで必要な検査法の概要やポジショニングの知識もおさえた,「画像解剖学」を楽しくしっかり学べる1冊。
2014年2月 7,140円


このテクニックの最大の特徴はその除痛効果にあるが、本当の極意はここから先にある。安全かつ効果的でありながら、簡単で短時間に習得可能な、このセルフアライメント矯正法は再現性が高く、患者自身が身に付けて継続的に行うことで、驚くほど除痛効果が持続するのである。さらに付け加えると子どもから高齢者まで、かつ急性期から慢性期までオールラウンドに適応可能なテクニックでもある。
2014年2月 3,990円


アスリートに対する医科学サポートに不可欠な要素として,競技種目特性を踏まえたアプローチが挙げられる.特に復帰直前の最終段階では,競技者個々の身体特性や競技特性も考慮し,再発予防にも取り組みつつ,負荷が高く受傷リスクの高い動作へと段階的に行わせる必要がある.本書ではこの最終段階でのリハビリや再発予防のためのリコンディショニングについて,種目特性を熟知し各競技で活躍中のトレーナーが豊富な図表を用いて解説する.
2014年2月 4,725円


感染症の初歩からHIV、トラベルメディシンまでを、アメリカで感染症を学んだ著者が、豊富な図とイラストで分かりやすくポイントを解説。医師のみならず、看護師、薬剤師、臨床検査技師など、すべての医療従事者が感染症診療に関する十分な知識と臨床力を身に着けるのに最適な一冊。
2014年2月 4,410円


糖尿病治療の柱である食事療法と運動療法について,エビデンスや従来から行われている指導をもとにその理論(考え方)を解説する.その考え方をもとに,目の前の患者に対してどのような指導(進め方)が適切であるか,コツや落とし穴を具体的に解説する.多くのトピックスも紹介しており,患者指導に自信がもてるようになる一冊.
2014年3月 6,090円


がん治療のほか,慢性心不全,呼吸不全,腎不全,肝不全,膠原病,その他慢性炎症性疾患での悪液質に関する診断や研究が進み,その結果リハ栄養の役割は大きく,病期に沿った適切な介入が求められている.本書は悪液質の診療に従事する多職種向けた新たな一冊である.
2014年2月 3,990円


全章にわたり、最新の症例写真・イラストを多数追加。前十字靱帯損傷の章では、再前十字靭帯再建術についても記載。初版同様オールカラーで、かつ紙面をよりビジュアルに刷新した。診断、治療、後療法、予防への取り組みのすべが理解できる、コメディカルも含めたスポーツ膝診療に関わるすべてのスタッフ、学生、教員に贈る、スポーツ膝診療の実践書。
2014年2月 4,935円


がん化学療法について、病棟で何をすべきかがこの一冊でよく分かる。第2章では、抗がん薬投与では避けられない9つの副作用への対策を解説している。また第4章では、5つの癌種別事例をあげ、薬学的にどう考えるか、どう介入するのかなどチームでの薬剤師の動きを示している。
2014年3月 3,360円


感染症や微生物の基礎知識はもちろん、洗浄・消毒・滅菌、周術期管理、また自身をまもるための職業感染対策などについてコンパクトかつ丁寧に解説。また、実際に病棟で感染者が発生したときを想定し、検査から感染性がなくなったと判断されるまでの流れ、また感染経路からみた感染症発生時の対応について、フローチャートを示しながら、各ポイントを示している。
2014年2月 2,100円


定評のある内容をさらに充実させた原著第9版です.今回の改訂では,高齢者の歩行や移動に関する新たな検査法が追加されたほか,徒手による検査法を補完するための機器による検査法に関する項目が追加されました.また,読者にとってさらにわかりやすくなるように,翻訳を全面的に見直しています.第8版と同様に,本書の内容に準拠した約3時間のDVDも付属しています.
2014年3月 7,875円


部位別に脳動脈瘤手術・治療を解説するシリーズ。若手脳神経外科医が最初に担当することが多い中大脳動脈瘤(MCA Aneurysm)を取り上げる。豊富な症例と50本の術前CTA・手術動画でコイリング、クリッピングのコツ、ポイントがよくわかる。
2014年3月 12,600円


本書は臨床現場で困っている作業療法士を対象に,認知症の人への作業療法を具体的にどのように進めればよいかを解説した実践書である。対象者の評価から実際の介入,その効果の検討まで,作業療法理論に基づいた一貫性のある流れをわかりやすく紹介している。実践方法だけではなく,それを裏付ける作業療法理論についても解説し,最後にそれらを包括した形で事例を紹介している。実践方法から理論までを押さえた本書は,養成校の学生さんにもおすすめである。ぜひ本書で,認知症の人への作業療法の実践方法を身につけてほしい。
2014年2月 4,515円


障害別運動療法の理論と実際を記述した教科書の最新改訂版.最新の知見を盛り込み,執筆者の大幅な交代と,項目の追加によって内容を刷新した.本文は,文章のブロックごとに,色文字でキーセンテンスを示し,内容を整理しやすく工夫.また,基礎的な説明,用語の解説や,少し突っ込んだ内容も,メモとして本文の流れを妨げないよう記載している.
2014年2月 7,350円


実践編の各項目の構成:「何をどう解決するか?」で,標準的理学療法介入の基本的視点を示す.「メモ」,「知っておきたいことアラカルト」で用語の解説や豆知識を記す.「具体的アプローチとその効果」で,具体例・ケースを記し,実践的な内容を盛り込む.「標準化の方向性と今後の課題」を箇条書きで簡潔に記す.理論編の各項目の構成:「ビューポイント」で,箇条書きで視点を示す.「メモ」,「知っておきたいことアラカルト」で用語の解説や豆知識を記す.「summing-up」で,要点を簡潔にまとめる.
2014年2月 6,825円


人工呼吸管理の知識と技術をわかりやすく網羅した定本の改訂第6版.人工呼吸管理を円滑に行うための一般的知識から実際的知識や技術,症例ごとの特殊性などをわかりやすく解説.今改訂では,「人工呼吸セミナー」の現役講師に合わせ執筆者が交代し,図表を増やして2010年以降の最新知見を盛り込んだ.コメディカルスタッフ,若手医師に向けた短時間で読めて臨床にすぐ役立つ一冊.
2014年2月 5,040円


理学療法士・作業療法士を目指す学生に向けてヘルスプロモーションについて解説したテキスト.ヘルスプロモーションの理論と実践について,初心者にもわかりやすく解説.学習の手助けとなるよう各章には用語解説,コラムなども配置し,理学療法士,作業療法士が関わる高齢者の介護予防について,効率的に学べるようになっている
2014年2月 3,360円


摂食・嚥下障害をもった高齢者は増加の一途だが、確かな評価や対応のできるスタッフや環境は整っていない。本書は「嚥下造影なしでできる評価法」であり、たった10項目の評価をするだけで嚥下障害の全体像をとらえることができる。現場で使えること間違いナシ!
2014年2月 5,040円


日常よくみる疾患の症状がなぜ起こるのか? 解剖・生理・病理学の基本とともに、著者自らが描くイラストでわかりやすく学べる。物語のある解説に、身体・組織への興味をかきたてられるはず。2008年初版の改訂2版として、認知症項目を追加した。
2014年2月 3,780円


本書は、各精神疾患のスクリーニングのための質問例と診断典型例の簡潔な記述から始まる。各疾患の本質を捉えやすくするために診断典型例を挙げ、より記憶に留められるような工夫がなされている。典型症例の記述に続いて、筆者が長年にわたり行ってきた診療、若手医師への指導内容、そしてDSM-III、DSM-III-R、DSM-IVの作成にかかわってきた経験を踏まえ、包括的な鑑別診断を示し、除外すべき状態や「各診断のコツ」も明示している。また各精神疾患に対応するISD-9-CM分類コードも示している。
2014年2月 3,360円


約2,200成分ある医療用医薬品の中から、一般内科の日常診療で頻用される157成分を厳選。数ある同効薬の中から「なぜその薬が選ばれているのか」を紹介。さらに添付文書情報(【効能・効果】【用法・用量】【警告】【禁忌】【副作用】【相互作用】等)に加え、第一線で活躍中の専門医による臨床情報(【薬の特徴】【処方例】【服薬指導】【最新の動向】)も掲載。
2014年1月 3,990円


本書は各栄養素の基礎知識から,健康者と未病者の栄養管理,有病者の栄養管理,スポーツ栄養管理などすぐに応用できる栄養管理のコツを100数十項目にまとめ,医療の現場のみならず,多方面において利用できようわかりやすく解説した一冊.
2014年1月 3,360円


自閉症スペクトラム障害の評価の確認のためのツールをすべて掲載。 陥りがちなミスを避けるための専門家のアドバイスも満載。お急ぎ参照など、簡便にチェックできる仕立ても盛り込んだ、医師、臨床心理士ほか、自閉症の診断・評価に携わる全ての関係者必携のマニュアル。
2014年1月 3,990円


医療施設を訪れる患者さんの約7割は「痛み」を主訴としているといわれています。外傷や胃潰瘍など明らかな内臓病変などによる痛みはその原因を取りさることで痛みは消失しますが,病因がはっきりとしない痛みや関節リウマチなどの慢性炎症といった病態,あるいは帯状疱疹後神経痛など病因がわかっていても治療が困難な痛みについては,どの診療科の医師も治療に難渋することが多いのも現実です。このような現実をふまえ,各診療科において臨床上よく遭遇したり,治療に難渋する痛みを有する59の疾患,病態についてわかりやすく,読みやすい体裁をとって一冊の本にまとめました。
2014年1月 3,990円


初版のメディカルストレッチングの理論に、筋に与える重力の影響を考慮したストレッチングの理論を加え、新章として追加。初版の内容も一部見直しを行い、メディカルストレッチングの効果を示す症例写真も多数掲載した。初版同様に豊富な図を用い、平易でわかりやすく解説した。患者さんへの運動指導にいますぐ役立ち、整形外科医、理学療法士、作業療法士、アスレティックトレーナー、健康運動指導士など幅広い職種に必携の一冊。
2014年1月 3,990円


約4年半を経て改訂された「第2版」では、第1版の60項目を上回る83項目のリサーチクエスチョン(RQ)を収載(うち35項目は新設)。章立ては、キーワードごとに細分化され(現:1~9章 / 旧:1~3章)、それぞれボリュームも異なるメリハリある構成となった。特に「第6章.運動障害と治療(リハビリテーション)」では、ボツリヌス療法やCI療法などのトピックをはじめ、これまで以上に臨床に即した見逃せないRQが揃う。
2014年1月 3,570円


全体は5つのCLIPで構成されており(1.足部・足関節,2.膝関節,3.股関節,4.腰椎・骨盤,5.下肢の神経),CLIP1〜4はさらに「筋による運動制御」「骨・関節による運動制御」「運動療法」に分かれて解説されている。全ページがイラスト中心になっているので,読んで理解するというよりも,見て理解するといった感が強い。DVDでは,下肢の伸展・屈曲,外旋・内旋,外転・内転という動きにより,骨・筋・腱・神経が実際に皮下ではどのように動いているのかが一目瞭然である。下肢・骨盤の解剖を見る機会がなくても,本書があれば,ビジュアルな動きが理解できる。
2014年1月 6,825円


マウス,ネコ,サル,ヒトなどを対象に,脳波や脳内のニューロン活動を記録し,情動(喜怒哀楽)と行動との関係を追究した40年にわたる研究をまとめた書.大脳新皮質や辺縁系の働きを詳細に解析し,有益な行動は情動と記憶の相互作用によって生まれることを明らかにした.この研究で得られた結果を教育や工学,医療などに役立て,健全な人材の育成や社会の発展に貢献を願うものである.
2014年1月 8,400円


本書は、新人理学療法士が国民から求められるプロフェッショナルと呼ばれるようになるまでのロードマップを記したものである。医療機関による必要な知識・技術の異なりにも対応し、記録、評価、症例報告、研究発表などの方法を、明瞭で容易に理解できるよう工夫されている。このように新人を対象にした内容は、指導する側(管理者)にとっても手引書となる必携書であり、明日を担う若手理学療法士とっては希望と勇気を与える待望の一冊といえる。
2014年1月 3,990円


美しい図が評判の解剖学アトラス・プロメテウスシリーズの第3巻。初版の「頭部/神経解剖」の巻が、この改訂第2版では頸部を取り込んだ「頭頸部/神経解剖」としてより系統的に再編された。臨床に結びつく解説も増え、120ページ増となった。なかでも、巻末の新しい章「中枢神経系:要約、回路図、まとめの表」はおおいに学習の助けとなるだろう。
2014年1月 11,550円


若手医師が求める日常診療のエッセンスをよりすぐり,かつ一歩進んだ知識を提供するムックシリーズ第12弾.脳卒中疑いの患者が当直にやってきたら?救急現場でレジデントが取るべき初期対応に始まり,脳卒中診断に必須の項目,急性期現場で身につけたい研修内容の要点など,「レジデントのための脳卒中診療のコツ」の全てを網羅した一冊.急性期後のリハビリや生活習慣病対策,再発予防対策,認知症進展予防など,慢性期での内科的管理も学べる内容となっている.
2014年1月 3,675円


2011年3月以来の最新改訂。米国の医療系解剖生理学のテキストとして最も評価が高い。筋骨格系、脊髄神経・脳・自律神経、感覚系の図版を大幅に拡大充実させている。ウェルネス・ホメオタシスの観点からのコラムも充実で、現場に活かすことができる一冊。
2014年1月 7,245円


病院の全てのシーンで使える会話集。「会話集」には、受付から問診、各部門での診察、検査や薬局、会計、手術、入院まで、各シーンで想定される会話を網羅。「医療従事者」と「患者」の双方の立場から十分な意思の疎通ができるよう工夫されています。病名・病状・身体の用語集と詳細図。病名・病状・からだの部位などの詳しい「用語集」のほか、人体の各部位や内臓の「各器官の詳細図」つき。本最新版では、最新版では、ジェネリック医薬品、iPS細胞など最新の医学用語にも対応しています。
2014年1月 2,625円


日本国内で使用されている向精神薬を1つ1つ見開きページでわかりやすく解説する。単なる薬剤情報のみではなく、実際に使用したときのエピソード、服用や処方のポイントなど、他書にはないすぐに役立つ情報が満載。医師だけではなく、精神科の薬物療法に関心のあるコメディカル、患者さんやその家族にも大好評の書。薬剤写真や識別コード一覧もさらに充実し、向精神薬の最新情報が一目でわかる。最新版では、2013年までに発売された新薬や適応が拡大された薬剤についての情報を追加し、さらに精神科領域での使用が注目されている漢方薬の項目を新設した。
2014年1月 2,730円


日頃から飲んでいる薬についての話や脳活性化リハビリテーション,また新たに開発した認知症発見・病識判定のチェックリスト,早期発見のポイントについても詳しく説明しており,高齢期を豊かに活き活きと過ごしたいと思っている方々,そして,それをサポートする医療・ケアスタッフ必読の書となっています.
2014年1月 1,890円


「筋がなかなか覚えられない……」「解剖学って苦手!」。本書は、そんな人におススメの新しいテキスト。著者自らかわいいイラストで基本的な筋を一つひとつ解説し、筋にまつわる雑学エピソードを多数紹介しているので、楽しく解剖学を学ぶことができる。薄くて軽いので、通学や通勤のお供にも最適! ふだんの勉強や国家試験対策に役立つ一冊。
2013年12月 1,575円


救急・集中治療に携わる医療従事者必携! 現場で必須のさまざまなガイドラインの“実践にすぐ生かせるところだけ”を分かりやすくまとめた1冊。キーワード方式でケアのエビデンスが素早く参照できる。改訂のポイントなどの最新情報も満載で、ガイドライン作成に携わった豪華執筆陣を含む充実の解説も魅力。
2014年1月 4,200円


先天性心疾患では疾患ごとに異なる解剖学・血行動態的特徴を持ち、的確な診断と治療を行うためには、心エコーを用いた正確な病態診断が不可欠であり、本書ではそのエッセンスをコンパクトに集約しました。疾患各論は、「①疾患の基礎知識」「②心エコー所見」「③検査の進め方(チェックリスト)」で構成し、「②心エコー所見」では、エコー図の解説だけでなく、アプローチ・手順についても詳述し、きわめて実践的な内容となっています。また、先天性心疾患の大部分は、手術後も継続的な長期間の経過観察、診療が必要であることから、術後管理における心エコーについても解説しています。
2014年1月 5,460円


心・血管系における多様な治療方法と実践的な看護のポイントを図・写真を多用して解説。最新の医療環境に合わせて好評シリーズを一新。心・血管系の治療と看護で必要とされる知識等をわかりやすく解説する。また、評価方法に関する解説も盛り込み、検査方法や心電図についても理解が深まる。フローチャート等の図表も多用し見やすくリニューアル。
2014年1月 2,940円


認知症介護で悩む、家族の声にこたえる、認知症介護に携わる家族の多くは様々なストレスを抱えている。本書は、認知症の知識や上手なコミニュケーション方法、心のケアの仕方など、家族のストレスを軽減する知識を解説。さらに「優しくできない」「誰からも感謝されない」など、家族の様々な悩み相談にも応える一冊。
2014年1月 1,680円


理学療法を脳卒中発症後できるだけ早く(多くの場合24~48時間以内)に開始すると、日常生活能力および生活の質が改善されることが、臨床エビデンスで明らかに示されている。本書は、理学療法士がこの重要な期間に取り組むべきすべての問題、すなわち、患者の能力評価、急性期のケア、早期リハビリテーション、投薬の効果、リスク因子、倫理的な課題など、臨床に即活用できる実践情報を網羅。患者の検査および治療方法、必要な理学療法の「適用量」、脳卒中後の早期と後期とでの主な違いについて詳しく記す。
2014年1月 6,090円


本書は,整形外科疾患のなかでもリハスタッフが臨床現場で接する頻度の高い疾患を中心に,術後理学療法に必要な「手術・解剖・疾患の知識」と,「術後理学療法の進め方」をプログラム(リハ進行一覧表)とともにポイントを押さえて解説した書籍である。今回の改訂では,各身体部位ごとの章立てに変更し,新たな術式である『創外固定』の解説を盛りこんだ。オールカラー化に伴い,解剖図や臨床写真も見やすくなり,各理学療法プログラムについては「開始」「継続」「終了」を色分けし,よりわかりやすくなった。整形外科疾患の術後理学療法に携わるリハスタッフが,いつも手元に置いて活用できる書籍である。
2013年12月 5,775円


国際学会発表での英語プレゼンの心構え、発音などの英語力強化方法、スライド作りのコツ、質疑応答を乗り切るテクニック、抄録(アブストラクト)の書き方などを、流れに沿ってわかりやすく解説しています。日本人が苦手な英語でのプレゼンテーションの本質を掴み、成功させるためのテクニックを、長年海外で活躍し、今も日本から世界へ情報を発信し続ける著者が、これまでの海外生活や日本人留学生への英語プレゼンの指導経験から生み出された独自の理論をもとに伝授します。医学系に限らず、これから海外に情報を発信するすべての方が世界の舞台で堂々と渡り合っていくために読んでいただきたい一冊です。
2013年12月 3,675円


理学療法コアカリに準拠した項目立てとし,レクチャー方式でわかりやすく,図表や写真を用いたビジュアルな誌面.臨床につながる内容,豊富な症例・事例で患者像をイメージできる.重要語句は色字,重要トピックはコラムとして学習をサポート.国試出題基準に対応.
2014年1月 5,040円


ダウン症の人のまわりにいる大人はどのようなサポートができるのか?ダウン症に対する誤解やよく理解されていない部分について知ることからはじめて,どこを伸ばしてあげるのがいいのか?など,よく聞かれる問題に対して,リハビリテーションの専門家である著者の言葉で書かれた本である.「運動」「言語」「食事」など,シーン別にリハビリテーションの実際をイラストで紹介.「すぐにはじめられるリハビリ」をテーマに簡潔にまとめた一冊.
2013年12月 1995円


現在の介護を変えるのはあなたかもしれない―――認知症ケアで大切なことは、最期まで「自分のことは自分でする」という自立して生きる姿を支援すること。なんでもやってあげる介護から脱却し、日常生活支援へ。認知症ケアの現状に疑問を投げかけ、認知症の状態にある人との向き合い方と、これからの支援のあり方を考える。
2013年12月 1890円


PT・OT国家試験で毎年出題される「画像読影」は学生にとって苦手領域となっている.そこで本書では,正常像と異常像の相違をわかりやすくワンポイントで解説するとともに,異常像の見方,読み方を丁寧に解説しており,国試対策にはおおいに役立つ内容となっている.
2014年1月 3,150円


最先端の医学知識を得るためにも,症例カンファレンスでのプレゼンテーション準備にも,英語文献を「読む力」は必要不可欠.そんな英語力を身につけたい,英語ができるようになりたいあなたのために,この本は書かれました.まず,トップジャーナルの「タイトルだけ」を100本読む,「タイトル100本固め打ち」からスタートです! 超多忙なあなたでも,ちょっとしたスキマ時間に実践できる英語論文読解力パワーアップ法,ついに登場!
2013年12月 3,360円


「パーキンソン病は決して深刻な病気ではありません.これまで通りの生活を続ければよいのです.」 約50年にわたって診療に打ちこんできたパーキンソン病学の泰斗が,患者さんに向けてこの病気との付き合い方をわかりやすく説く.なぜこんな病気にかかるんですか? 旅行は出来ますか? 薬は数年で効かなくなるのでは? この本で,そんな数々の疑問も氷解.「まずは病気をよく知ることです.あとは,明るく楽しく過ごしましょう!」
2013年12月 3,150円


介護の○と×シリーズコミュニケーション○と×介護職として必要な技術・知識を、○と×で解説するポケット判シリーズ。本書のテーマはコミュニケーション。多くの介護職が遭遇する「困った場面」での声かけのテクニックについて、○と×で紹介。どのような声かけが効果的で適切かを提案する。
2013年12月 1,260円


「経験」「勘」に頼らない認知症ケアの“新バイブル”「キョウメーションケア」とは、介護と医療の連携により、認知症の人の思いに共鳴していくケア方法のこと。約800万の介護記録から、個々の症状の原因特定と予後予測を行い、最適なかかわりを導き出す。BPSDが緩和する全く新しいアプローチ法。その考え方と方法を紹介する。
2013年12月 2,940円


本書は、認知症の認知機能障害やBPSDに対し、診療現場でまず最初に処方している薬剤を3つのステップでまとめたものです。認知症の患者さんには、まずは的確なケアが優先されます。どうしても困ったときのために、名医の控えめな処方を学びませんか。著者の長年の経験に基づいた処方の秘訣が随所にちりばめられています。ステップ式で非常にわかりやすいです。認知症をこれから学ぶ若手医師、身体疾患を主に診ているかかりつけ医の先生にぜひお勧めいたします。
2013年12月 1,890円


日本神経学会監修による,エビデンスに基づいたオフィシャルな診療ガイドライン.疫学,病態,診断,治療のほか,嚥下障害,呼吸管理,リハビリテーション,コミュニケーション,福祉サービス等を網羅.臨床上重要となるクリニカルクエスチョン(CQ)について,その回答・推奨グレード,背景・目的,解説をエビデンスに基づいて詳述.臨床医の日常診療を支援する必携の一冊.
2013年12月 4,620円


本書は、メンタルヘルスに関する、学校ならびに職場における必要な情報はもとより、環境要因、スタッフ間の連携などにもフォーカスを当て、実際の現場で役立つよう、摂食障害・リストカット・双極性障害・現代型うつ病など数多くの症例を盛り込みました。 学校医・産業医をはじめとする学校・職場のメンタルヘルスに関わる職種の方にオススメの1冊です。
2013年12月 2,835円


自宅でできる・治せる「めまいリハビリ」の方法を、イラストを用いてわかりやすくまとめた一冊。通常、約1週間の入院で行っているめまいリハビリのエッセンスを抽出し、患者さんが自宅で簡単にできる・続けられる方法にアレンジしました。脳(平衡感覚)を鍛えるリハビリを1日15分ほど行うことで、多くの患者さんでめまいの改善がみられています。また、めまいの原因やメカニズム、フローチャートで分かるめまいのタイプ、ストレスとめまいの関係などについても易しい言葉で解説します。
2013年12月 1,260円


呼吸器内科専修医のニーズにズバリ応える診療マニュアル。疾患・症状のマネジメント、他科との診療連携、検査、治療が網羅され、それぞれのポイント、診療のフローが使いやすく整理されている。伝統ある長崎大学第二内科の総力を挙げて執筆された好評書。
2014年1月 4,935円


「腕を擦りむく」「鼻づまり」など、日常的に誰でも使う用語・表現でありながら、意外と知らないことが多い基本的な用語・日常的会話表現を集めた、今までにない医学英語用語集。医学生・医師だけでなく、看護師、海外旅行者にも役立つ一冊。改訂3版では過去10年間の新語を追加し、また基本語・重要語を色文字でわかりやすく表示。
2013年12月 2,100円


近年,リハスタッフが栄養学を学ぶことの重要性が認知されつつある.そうした現状のなかで,本書はリハ学生が栄養学を学ぶ際,身につけるべき基礎的知識をわかりやすくまとめられたテキストブックである.
2013年12月 3,990円


ここ数年、臨床実習に対する問題意識は高まり課題が噴出している。診療参加型と呼ばれるクリニカル・クラークシップは日本理学療法士協会の理学療法教育ガイドラインにも明記され、さまさまな問題を解決するその手法は全国に拡大しつつある。初版から6年、第2版では訪問事業や介護保健施設での実践も加えより実践的な道標となっている。
2013年12月 4,410円


地域リハとは何か,その本質と意義をわかりやすく説明するテキスト.法律の改定などにより制度変更の解説,介護予防とリハビリテーションのかかわりなどの内容を改訂.地域リハのテキストとしてさらなる充実を図り,図表も多用した学習しやすいテキスト.
2014年1月 1,995円


PARTⅠでは変形性股関節症の機能解剖と病態を解説し,II~Ⅴでは前・初期股関節症,進行期股関節症,末期股関節症,THA後の理学療法という病期別,さらに病期ごとに股関節・腰部,足部・膝,肩甲帯・上部体幹からの機能別アプローチを解説している.同じ疾患であっても,病期・機能ごとにその障害構造は全く異なるため,より細分化された理学療法モデルの確立を目指した.
2013年12月 5,250円


総論では,小児・発達期の障害を理解するための基礎的な知識と,小児,発達障害に対する理学療法・作業療法の実践に必要な知識を概説する.各論では,日頃,PTやOTが直面しやすい小児発達障害の症状,徴候を取り上げ,評価項目選択の意義を確認し,実際の臨床で遭遇したケースを1~数例提示し,評価を元に選択した治療を提示する.「人はどのように発達するのか」,「人はどのように歩行を獲得するのか」,「器用さとは何か」,「食べることは生きるための基本です」,「コミュニケーションは社会で生きる基本です」,「NICU」,「脳性麻痺の理学療法―運動発達を引き上げるこころみ」,「脳性麻痺の理学療法―学童期の理学療法」,「脳性麻痺の作業療法」,など.
2013年12月 10,500円


全9章からなり,1章で紹介するケースを基に各章で必要事項を解説する.2~8章では生理学的知識とデータ・血液ガス・フィジカルアセスメント・コンディショニング・排痰法・呼吸リハ・対象者へのアプローチ・物品の整理・吸引目的・注意点・予防策・リスク管理・吸引実施方法・基礎医学・臨床医学・嚥下と誤嚥・吸引の限界などを解説する.9章では1章のケースに2~8章の内容を統合解釈しプログラム立案を行い,対象者の問題解決を図る.
2013年12月 2,625円


その精緻・緻密な剖出技術と鮮明な標本写真から他の追随を許さない、実際の解剖体を撮影した 『解剖学カラーアトラス』 のコメディカル学生のための姉妹編。医療に携わる者にとって必須の部位の写真を厳選。理解の助けとなるカラーシェーマも多数掲載。実際の解剖体を見て学習ができる貴重なテキストの改訂第4版。
2013年12月 5,250円


医療従事者は広義に言えば支援者である。本書は、現象学を哲学の範疇から開放し、支援者がケアの原点を見つめるためのツールとして解説。本書の解説を理解することにより、質的研究の質を飛躍的に高める。とっつきにくい印象がある現象学を、支援者の目線でゼロから学べる1冊。
2013年12月 2,730円


大脳基底核疾患による運動異常(広義のmovement disorders)は,パーキンソン病のような運動減少症と,ハンチントン病のような運動過多症とに大別される.これらの特異な症候は古来より神経学者の興味をそそり,基礎と臨床との結びつきによる発展の著しい研究分野である.本書は,診断・治療の最新知見に基礎的な生理学・解剖学からのアプローチを加えた比類のない実践的なハンドブックとして,研究者必携の一冊である.
2013年12月 13,650円


スポーツ外傷・障害に対する最新の低侵襲治療の渾身の一冊。肩、肘、腰、膝、足部の各分野における治療法、その適応と実際、理学療法や物理療法まで網羅。低侵襲というポイントをおさえて分かりやすく、かつ現場ですぐに役立つ実践的な特集です。
2013年12月 3,045円


「質的研究で数を扱ってはいけないの?」「適切なサンプルサイズは?」「結局のところ、質的研究は一般化を目指せないの?」など、質的研究において根本的であるにもかかわらず掘り下げられてこなかった疑問について、米国の研究者サンデロウスキーの論文に答えを求め、訳者が解説を加えた。質的研究を志すすべての方必読!何か釈然としなかった「あのこと、このこと」への明解な回答が詰まった1冊。
2013年11月 3,990円


第3版では構成・内容ともに全面的に一新する改訂を行い、理学療法士養成校学生に向けてこれまで以上に系統的かつ平易な内容とした。「発表の方法」の章では、図表の書き方、プレゼンテーション、基本的な論文の構成・書き方をそれぞれ分かりやすく解説し、卒業研究での活用を視野に入れた内容ともなっている。また、「研究の実際」を設け、代表的な研究デザインによる具体例を収載。卒後にも役立つ内容となっている。
2013年11月 4,935円


むずかしいとされている摂食・嚥下器官のしくみを「やさしく・わかりやすく」解説.食べるための生理学的なメカニズムを理解することで,口から食べることの重要性が認識できます. 第2版では,とりわけ栄養と咀嚼,摂食・嚥下機能の評価・訓練に関する臨床的内容を強化し,書き下ろし項目や新規解説を加えました.より専門的な内容を補完する「advanced」や側柱の数を増やし,摂食・嚥下機能のメカニズムを詳しく簡単に理解できるよう,工夫しました.
2013年11月 4,410円


Brunnstromは世界的に有名な理学療法士である.1962年に「臨床運動学」をPT・OT向けにアメリカで出版.その50年目を記念し,新たな著者で第6版を発行した.本書は豊富なカラー写真・図表がわかりやすく,学生のテキスト,臨床家の座右の書にふさわしい一冊といえる.
2013年12月 14,700円


ほとんどすべての認知症患者に何らかのコミュニケーション障害が存在する.本書は認知症患者のコミュニケーション障害の評価とその支援のために実用的な方法を,症例を多用しながら具体的に解説したこれまでになかった一冊である.
2013年12月 3,150円


初版発行から約25年,この間改訂を重ね好評をいただいた本書を今回新たに新版とし,第1章;解剖と機能,第5章;スポーツ障害の2章を大幅に見直し,図,表などもコンンパクトにし最新情報を盛り込んでバージョンアップをはかった.
2013年12月 5,670円


生活場面ごとに必要な用具と使い方がわかる!自宅での介護生活には、福祉用具の適切な導入が重要。本書は、福祉用具を使うことで、食事、睡眠、排泄、入浴、移動などの生活場面ごとに生活を快適にする方法を紹介。介護の悩みを解決し、利用者本人の生活を変え、介助者の身体的負担を軽減する福祉用具について解説する。
2013年11月 2,100円


高齢者に携わる介護職、看護師に知って欲しい医学知識をイラストで解説!高齢者を支える専門職として知っておくべき高齢者の身体の変化、ケアのポイント、疾患の知識を解説。正常な生理的機能を理解したうえで老化に伴う変化を学ぶことができるので、根拠ある知識が身につく。ふんだんに使われたイラストで、簡単に学ぶことができる一冊。
2013年11月 2,100円


幅広い話題をQ&A形式で解説.クリニックで遭遇する小児感染症について,エビデンスに基づく治療法とともに,経験に培われた対応策を披露.ペットボトルで作る消毒液は吐物処理に便利,周囲への感染力と登校基準,地域に活かす手作りサーベイランス,解熱薬と熱性けいれん,細菌性感染症には抗菌薬が必須?ペニシリン耐性菌になぜペニシリン?など,読めばかかりつけ医の役割に自信がもてる.
2013年11月 8,190円


すべての医療職に向けた老年医学の実践書として好評を博した初版の全面改訂版。現在の老年医学研究の到達点とその臨床応用を平易に解説。医療経済的にも多大な影響を与えるFrailty(脆弱高齢者)をどうケアするかを中心に、集積されたevidence basedのデータを踏まえ、成功加齢への途を探る。第2版では認知症に関する記載を全面改訂している。
2013年11月 3,360円


本書は、リハビリテーション医療の本質・目的を簡潔に分かりやすく解説し、多岐にわたる様々な障害別治療について、最新の知識・知見をまとめた。また、日常診療でよく遭遇する疾患を40厳選し、そこで見落とされがちな問題点について経験豊富な専門家が、そのポイントと解決策を平易に述べる。この一冊でリハビリテーション医療の真髄がすべて網羅できるであろう。
2013年11月 2,940円


今も現役理学療法士として臨床現場に立ち続ける著者の軌跡は,多くの壁にぶつかって悩み,迷い,苦しんでいる若手理学療法士を奮い立たせ,未来に向かって進む力を与えてくれる.第一線で活躍する理学療法士が,貴重な経験や紆余曲折の人生を語る理学療法士列伝シリーズ,第3弾.ひとりの理学療法士として,どのように学び,何を考え,どこを目指すのか.過去,現在,未来と3章立てで伝える.
2013年11月 2,940円


がん疾患ごとの抗がん治療や予後,随伴症状,痛みの特徴などの知識を解りやすく整理しつつ,痛みの治療ストラテジーを組み立てて紹介する.特に薬物療法と神経ブロック療法などの非薬物療法の両者に関しては,包括的な理解のもとに,上手に組み合わせながら治療をすすめられるよう記述を工夫した.簡潔で解りやすい記述と全ページカラーのビジュアルな誌面により,初学者からベテラン麻酔科医まで,興味とレベルにあわせて,読みたい項目を選んで読める.
2013年11月 12,600円


本書は4年半に及ぶ CRPS(type1)に対するリハビリテーションの記録です.患者の経験,セラピストの学術,両者の対話という3つの視点を重ね合わせることによってその臨床のもつ本来の厚みを多層的に描き出したもので,「治療」というものがまさに経験として生きられたことのドキュメントであると同時に,ペイン・リハビリテーションの実践に有効な知識と具体的な技術,そして治療を患者とセラピストとの二人三脚という協業作業に高めていくための感性にまで及ぶ提言を行う実践書でもあります
2013年11月 3,150円


今やその患者数が国内で300万人を超える認知症。その診療の現場で必要となる情報を網羅した実践書が遂に完成。診断や薬物療法・非薬物療法、リハビリやケアなど、臨床家が知っておきたい知識を 「認知症疾患治療ガイドライン」 の内容に沿って解説。また基礎研究に関する情報もポイントを整理してコンパクトに紹介しており、まさに「臨床のエンサイクロペディア」と呼ぶにふさわしい1冊。
2013年11月 10,500円


昭和40年の初版以来,糖尿病患者さん,医療スタッフから高い評価をいただいているロングセラー,「食品交換表」の,11年ぶりの改訂.日本人の伝統的な食文化を基軸として,現代の食生活の現状をふまえ,患者さんが医師や管理栄養士などの指導のもとに,毎日の食事を楽しみながら根気よく治療を続けられる内容を目指した.
2013年11月 945円


さまざまな疾患・障害,対象者に対する適切なウォーキングスピード・距離・フォームなどの指導の要点,リスク管理,実際の効果を,豊富な具体例に基づいて示したメディカルウォーキング実践書.病棟・外来でのウォーキング指導のみならず,ウォーキングクラブでの活動やノルディック・ウォークの実際まで紹介.運動指導・リハビリテーションに関わる医療者はもちろん,健康運動指導士,ウォーキング指導員など,ウォーキング指導にあたるすべてのスタッフに最適の一冊
2013年10月 2,100円


冠動脈イベントの発症を予防し,生命予後を大幅に改善するための“新しい冠動脈疾患診療”の実践書.変貌しつつある冠動脈診療につき,冠動脈イベント機序の新知見,イベント発生を未然に防ぐための診断のポイント,予後を改善するための治療法の実際を,各分野のエキスパートが詳細に解説.循環器医はもちろん,心不全診療に携わるすべての医師にお勧めの一冊.
2013年10月 7,350円


全身135種類におよぶストレッチ手技を紹介する実際書.1ストレッチ1頁で,ストレッチングされている筋が視覚的に理解できる.一冊を通じて,分かりやすいイラストでストレッチングを行う上で必要な筋・腱の解剖・生理をやさしく学べる.今改訂では,新たに29のストレッチを追加.さらに筋の解剖や生理学など基礎的な解説も充実.医療関係者やスポーツ指導者,さらにはスポーツ愛好家にも最適な一冊.
2013年10月 3,885円


総合病院で実際に書かれたカルテを精査し、目にすることの多い医学用語・略語を厳選して収載。第4版では、略語パートを中心に使用頻度の高い約100語を増補し、必要度の低い約40語を削除した。「臨床ですぐに役立つ内容」「扱い勝手のよいコンパクトな造本」といった前版までの特徴は踏襲し、さらに使いやすく改訂。カルテ記入にも、カルテ内容の正確な理解にも役立つ1冊。
2013年10月 1,260円


術後患者に対して、早期離床に取り組むための頼れるガイドブック。術後の呼吸・循環機能を最大限いかし、術後合併症を予防しつつ、早期の身体回復を促すためのノウハウが満載。患者の身体・心理状態を時間軸で捉えながら、安心・安全・効率的な介入法を提示。ICUだけでなく、一般病棟でも活用できる。
2013年10月 2,940円


皮膚や筋肉を押したり引いたりつついたり。脳や神経の状態を知るにはさまざまなテクニックがある! 五感を使った顔・体の神経のみかた、体の感覚のみかた、筋肉のみかた(MMT)を、イラストで丁寧に解説します。他書ではあまり載っていない「死亡確認」も掲載。看護師、医学生はもちろん、リハビリテーションにかかわる人も読んでおきたい一冊!
2013年10月 1,680円


プランの設定から入院リハ,外来リハ,運動処方,運動療法,栄養指導,疾患別の指導ポイントまで新しい心臓リハビリテーションをわかりやすく解説したテキスト.近年進歩著しい心不全治療と糖代謝異常に対する管理を踏まえ,すべての記述を見なおして一新した全面改訂版.
2013年10月 5,670円


これまで,理学療法のリスク管理においては,心拍数や呼吸数,血圧といった各種検査値を評価指標としてきた.しかし,高齢者やいわゆる重複障害の患者に対して安全かつ効果的な理学療法を実践するには,臨床症状を評価する視点が欠かせない.そこで本書では,脳循環・心循環・腎循環・呼吸機能といった身体機能別に臨床症状を評価し,戦略的理学療法を実践する道筋を具体的に示した.次代の理学療法を担うすべての人々のために!
2013年10月 3,990円


近年,インターベンション治療の中で,最も進化が著しく注目されているのが末梢血管治療(endovascular therapy:EVT)である。要因は多岐に渡るが,その中でも超高齢社会や食生活の欧米化等により動脈硬化疾患(糖尿病等)が増加した点,末梢動脈疾患患者の予後が悪く,心血管合併症を引き起こす可能性が高いことがあげられる。糖尿病患者は「重症下肢虚血」になる可能性が高く,また,冠動脈病変を有する多くの患者が末梢動脈疾患に罹患しているとの指摘もある。本書では,EVTで著明な浦澤一史先生に,実際に先生が治療した症例を用い,EVTに対してどのように考え取り組んだらよいのか(治療法の選択,カテーテルの選択),どのテクニックを身につけたら良いのかを豊富な画像と共に徹底解説する。
2013年10月 7,875円


専門の小児麻酔科医のいる病院はまだまだ少なく,実際の小児の鎮静・鎮痛は一般小児科医が探り探り行っているという現実がある.本書では,非専門医が処置するのに必要な知識やコツ,ピットフォールなどを平易かつ分かりやすく解説している.著者には各項目について精通しているエキスパートを配し,コンパクトながらも重要な知識を網羅している.専門医を置くことができない施設は必携と言える,小児鎮静・鎮痛管理の指針となる書である.
2013年10月 3,990円


世界19か国で翻訳され、わが国でも長く愛されてきた解剖学事典の全面改訂新版。見出し語は日本語、英語、ラテン語の3種類となり、国際解剖学用語集である“Terminologia Anatomica”と日本解剖学会の最新の用語集に準拠。わかりやすい解説と詳細なイラストとの見開き構成で、知りたい用語がすぐに調べられる。ハンディーな1冊に人体の全部位をまとめた解剖学事典の決定版。
2013年10月 3,990円


「感染対策の知識も興味もあまりナシ」の病院・老健等職員に感染対策の必要性や実践方法をどう伝えるか?感染対策担当者の切実な悩みを,感染対策バッチリの「くまなくさん」が楽しく解決!さぁ皆で感染対策仲間を増やそう!
2013年11月 4,200円


読者からの要望にこたえ、刊行当時反響を呼んだ『看護のための最新医学講座』第27巻「リハビリテーション」を質の高さはそのままに、お求めやすい価格にてご提供。
2013年10月 4,515円


患者によって呼吸ケアを行うタイミングやアセスメント項目,用いる呼吸療法の手技・器機等が異なるため,臨床では呼吸ケア(呼吸療法)をどのように進めたらよいか迷う場面が多い.本書は,呼吸ケアを行ううえで知っておきたい呼吸機能の知識をまとめ,さらに,ひと目で呼吸ケアの進め方がわかるようプロトコルを示し,その方法と根拠を丁寧に解説した.ケアにつながる呼吸機能の知識が満載の1冊.
2013年10月 3,465円


大腿骨近位部骨折は、そのほとんどが手術的に治療され、治療成績が予後に影響するが、骨折部位毎に、その治療法・対応法は異なる。そこで、さまざまな種類の骨折に対応できるよう、エキスパートがコツとピットフォールを解説。総説的・教科書的な内容を敢えて避けて実践的な内容に絞った。大腿骨近位部に生じうる5つの骨折、大腿骨骨頭骨折、大腿骨頚部骨折、大腿骨頚基部骨折、大腿骨転子部骨折、大腿骨転子下骨折を取り上げた。
2013年10月 7,140円


睡眠のことをもっと知りたい、すべての人へ!医療をはじめ、看護、介護、心理学、社会学など、多彩な分野の専門家が睡眠について徹底解説!睡眠の基礎から現場で役立つ知識まで幅広く網羅。本邦初の「睡眠検定」受験に向けて学習しやすい構成です。
2013年10月 3,150円


第1版が出版されてから,胸部,腹部大動脈疾患の領域にステントグラフトがさらに大きく発展し,今や多くの施設でなくてはならない治療法となってる.第2版においてはこのステントグラフト療法を重点的に取り上げ,新しい知見を入れて,現在の時点での最新の情報にバーションアップした.
2013年10月 21,000円


本書の真骨頂は「シンプル」「丁寧」。これが医療英会話を学ぶ読者の圧倒的な支持を得てきた。この基本は改訂第2版でも変わらず、できる限り患者さんに“Yes”か“No”で答えてもらえる表現を紹介。すべての医療職者を、一方的に話しかけられるという恐怖から解放する。今回新たに「リハビリテーション」「医療福祉相談」を追加。病院での英会話に挑戦したい人、今まさに直面している人、さらに磨きをかけたい人、それぞれの新たなスタンダードとなる1冊!
2013年10月 2,940円


女性アスリートに特有の傷害とその予防トレーニングの実際をカラー写真を用いて具体的に解説した初めての書である. 執筆は現在第一線で活躍しているアスレティックトレーナー(AT,ATC)による. 傷害部位別・種目別に傷害発生率が男性と異なるもの,さらに発生頻度が高い傷害,特筆すべき傷害について示し,女性スポーツにおける今日的話題にもふれている. アスレティックトレーナーばかりでなく,理学療法士,柔道整復師,はり師,きゅう師,スポーツ医学を志す若い医師,体育教師などに大いに役立つ内容となっている.
2013年10月 4,410円


腫瘍内科学を主体とした治療体系をコンパクトにまとめた定評あるレジデントマニュアルの改訂第6版。新規抗がん剤や分子標的薬の開発により、がん医療はますます多様化・複雑化している。安全かつ有効ながん薬物療法を提供するために、レジデントのみならず、がん医療に携わる医師、看護師、薬剤師など多くの関係者必携の書。(1)実際的、(2)簡潔明瞭、(3)最新を旨とし、可能な限りレベルの高いエビデンスに準拠。
2013年10月 4,200円


近年需要の高まりを見せる「リハビリテーション栄養」に関して,現場での疑問点をQ&A形式で解決.章を入門編,知識編,実践編の3つに分け,入門編ではリハ栄養の実践に欠かせな最低限の知識を,知識編ではサルコペニアを中心に重要な疾患・障害を紹介.実践編では臨床現場で実際に困る状況に答えを出している.自分の知識レベルを踏まえて,必要なところから読み進めることができる.とても使い勝手の良い一冊である.
2013年10月 3,360円


第2巻では,循環器の機能と構造を豊富なイラストで解説.読者が自身の体に触れたり,身近なものに例えたりするなど,医学用語の暗記に頼るのではなく,ビジュアルかつリアルに循環器を理解できるための工夫が盛り込まれている.また,心電図についても,波形の暗記だけに頼らない心電図の読み方と理解のしかたを紹介している.
2013年10月 3,150円


親しみやすく解りやすい著者オリジナルのイラストを豊富に用いて,講義形式で解剖生理学を伝えるシリーズ.従来の医学用語の暗記による理解を超えて,人体の本質をビジュアルに理解ができる内容となっている.医師,看護師,薬剤師などの医療職を目指す学生から第一線で活躍する現役の医療者まで,人体を「なっとく」できる内容が満載.
2013年10月 2,940円


異常値は何を意味しているのか,どう解釈するのか,代表的な検査を病態生理から解説し,診断に結びつける考え方を伝授! 豊富なイラストやフローチャートでイメージしやすく,診断までの流れを示した症例も充実!
2013年10月 3,780円


糖尿病治療において自己注射を行うインスリン、インクレチン関連薬について、最新の情報も含め、薬剤の特徴と注入器の使用法を解説。患者さんに合ったデバイスを選択できるよう、数字の見やすさ、握りやすさ、注入ボタンの押しやすさなど、メーカーの解説書だけでは比べにくい資料も満載。
2013年10月 2,940円


卒後すぐであるならもちろん、他科で経験があっても最初はやはりびびらずにはいられない救急外来、そこは一分一秒を争う世界。新人ナース・マキちゃんとともに怒涛の初療を体験しましょう! ひと通り読み終えたら「……なんとかなるかも?」と思えるようになるはず!
2013年10月 2,730円


医療チームのなかでナースが知っておきべき摂食・嚥下障害についての知識と技術を分かりやすく解説。基礎知識からリスク管理、アプローチ法までを網羅し、急性期・回復期・維持期における看護のポイントが理解できます。動画DVDが付属し、患者さんへの適切な訓練法が一目で理解できるとともに、患者さんやご家族への説明の際にも役立ちます。好評書籍をアップデートしたナースは必読の一冊。コメディカルにも読みやすい内容です。
2013年10月 3,570円


2013年10月 1,890円


治療方針・計画の立案や,それらの効果判定のために行われる理学療法評価について2冊で構成.1冊目の本書では,理学療法評価の位置づけと基本的な手順を理解し,理学療法の対象となる疾患・症状のほぼすべてに共通して行われる基本的な評価法が実施できることを目指す.理学療法評価の理論だけでなく,対象者の全体像把握のための情報収集や医療面接についても学ぶ.
2013年10月 2,520円


読者からのあつい要望にこたえ、刊行当時反響を呼んだ『看護のための最新医学講座』から第30巻「人体の構造と機能」をクオリティの高さはそのままに、お求めやすい価格にてご提供。リハビリスタッフにも読みやすい!
2013年09月 3,990円


鹿島晴雄先生の特別寄稿『認知リハビリテーション研究会ことはじめ』ほか、原著6本、プロシーディング5本を掲載!
2013年09月 3,045円


がん診療に関する最新のエビデンスを収録した「がん診療マニュアル」。総ページ数1,200ページ超、第一線で活躍する70人超のがん診療専 門家が執筆しました。あらゆる癌の診断から、治療、緩和ケア、看取りまで、網羅的に解説しています。なお、本書購入者は、最新のアップデート情報をWEBでご覧いただけます。
2013年09月 8,400円


認知症のある人を支える作業療法は一言でいうなら、認知症があるために、それまで歩んできた人生をたどれない状況であることを知り、認知症がなければ続いていたであろう、その人らしい生活の継続を援助すること」と著者はいう。そのためには、認知症に関わる疾患や中核症状、周辺症状、治療法の知識とともに、認知症のある人が主体性のある生活をするための、援助に関わる視点のあり方が重要になってくる。その視点を明確化し、その視点に基づいた観察によって生活を評価、その評価・分析結果に基づいて行った一連の介入方法が、事例とともにわかりやすく丁寧に解説されている。学生からベテラン作業療法士まで誰もが活用できる1冊である。
2013年09月 3,150円


本書は2001年に初版が刊行されベストセラーとなったMRIの最新技術や診断方法などについて解説されたテキストの第3版である。豊富で分かりやすい内容と執筆者の熱意はそのまま,さらにバランスのとれた内容をめざし,また将来さらにMRIが進歩する可能性を考慮し,ダイナミックに項目と執筆者を入れ替え,時代に適した構成とした。難解な基礎原理も分かりやすく要点だけをおさえられるよう,また臨床についても最適な画像を得るために,エキスパートの知識と知恵を集結した渾身の1冊である。また,第3版に掲載できなくなった第2版の項目をHP上で閲覧できるサービスを提供することで,MRIの進歩において知っておくべき内容も恒久的に学べるよう配慮した。
2013年09月 7,875円


運動療法・徒手療法の介入にあたり,脊椎,肩関節,肘関節,股関節,足関節など身体領域別に,あますところなくエッセンスが網羅されている.紹介される手法は,筋パフォーマンス運動,関節モビライゼーション,関節マニピュレーション,ストレッチング,有酸素性運動など多岐にわたり,各エビデンスも充実.豊富なカラー写真,コンパクトでハンディな判型により臨床場面で役立つとともに,学生の臨床実習にも最適.
2013年10月 5,670円


わが国で生まれたオリジナルの心臓血管外科手術で、全国的あるいは国際的な刊行物に報告されたことがある、臨床の現場で行われている術式や使用されているデバイス、補助的手段について収載した書籍である。どのような経緯で術式が考案され、どのような創意工夫を行ったのかを示すとともに、考案者からの「手技にまつわるエピソード」「若手術者へのメッセージ」などを掲載している。
2013年09月 5,775円


本書は,小児の静脈栄養を余すところなく紹介し,即座に臨床で役立つ,小児医療に携わるすべてのスタッフ必携の1冊である。
2013年09月 4,725円


基礎知識からコミュニケーション実践まで、簡潔な文章とイラストでわかりやすく解説。基礎知識と臨床知見が結びつき、よりわかりやすくなった改訂版。
2013年09月 2,310円


口腔ケアの必要性から基礎知識及び基礎技術,様々な疾患をもつ患者さんへの病態理解と口腔ケアのコツについて,事例を示しながら展開した.各疾患の病態と口腔ケアの必要性が一目でわかるようにまとめ,各病態において行われる口腔ケアのコツを細かに記述.
2013年09月 2,520円


患者の動作遂行能力を調べる「動作分析」。臨床の場で欠かせない重要な評価法であるが,「どこを見るか」「どのように解釈するか」「どのように治療プログラム立案につなげるか」といった点が難しく,修得するのは容易ではない。本書は基本動作である「寝返り」「起き上がり」「起立・着座」「歩行」を掲載。写真やイラストを豊富に用いて動作メカニズムを詳細に解説するとともに,分析で得られた情報をもとに動作障害の要因を探る臨床推論についても記載している。
2013年09月 5,880円


脳卒中患者のリハビリテーションで重要な上下肢痙縮治療におけるボツリヌス治療は,脳卒中治療ガイドラインでもグレードAに推奨されており,2010年秋に本療法が保険適用となった.しかし標準的な治療方法がなく投与部位,投与量などは医師によって異なり,各自が創意工夫して診療にあたっている現状がある.本書は,多くの症例にボツリヌス治療を施行している第一線の医師の投与方法や工夫やコツなど診療の実際を紹介し,日常診療の参考とするための書籍.
2013年09月 4,725円


子どもの発育を見据えた“トータルケア”の考え方によって,子どもの食べる機能を支援するための摂食嚥下リハビリテーションを“40”の項目でやさしく解説した手引き書.
2013年09月 2,625円


本書は医療技術全職種に必要な「共通語」として役立つ理解しやすい生理学教科書として企画され,2002年出版の初版から好評をいただいている.今回の改訂第3版でもその大方針を踏襲.特筆すべき今回の改訂のポイントは,第15章に「性差」を新設し,さらに既存の「生殖」(第16章),「老化」(第17章)と並列して整理し,統合生理学の内容を再構成して充実させたことである.さらに,版を重ねる中で増えてしまった細かい記載を徹底的に見直し,あるいは必要に応じて削除し,さらに読みやすく,そして全体のボリュームが増えないよう配慮した.今後の改訂も見据えて一部の執筆陣を刷新し,全体としての若返りも図った.保健医療の臨床現場に即応した内容のコラムもますます充実.
2013年09月 4,725円


作業療法士国家試験合格をめざす学生のための受験参考書.第48回国試問題の結果を踏まえ改訂.国試出題基準による新分類に対応.
2013年09月 5,250円


認知症などの脳変性疾患や脳血管障害を原因として、歌唱、演奏、リズム、楽譜の読みなどが障害される神経心理学的症状「失音楽」や、歌唱などの音楽能力のみ残存した失語症など、臨床心理士である著者が遭遇した貴重な症例を紹介。さらに高齢者や自閉症児への音楽療法についても解説。音楽や脳科学に関するコラムも随所に散りばめられ、「人間にとって音楽とは?」という問いにさまざまな側面からアプローチする1冊。
2013年09月 2,940円


なぜこの薬? 副作用は? アセスメントのポイントは? そんな疑問がまるわかり!がん疼痛緩和の薬の効用や副作用、アセスメント、選択・使用の考え方がわかりやすく解説された本。症例が豊富にあげられているので、より理解が進む。がんの痛みの理解から、非オピオイド、オピオイド、鎮痛補助薬まで取りあげた、臨床のエッセンス満載の1冊。
2013年09月 2,310円


正しい測定法は?異常・正常値は?その値の意味は?異常時の対応・報告はどうする?イラスト・図解で先輩ナースがやさしく、丁寧に解説。新人ナースが臨床でまず必要とするバイタルサインの超重要ポイントを60ページでやさしくマスター!
2013年09月 1,260円


現在の小児外科学のEncyclopediaとして大きな支持を得たきた本書の改訂第3版.全体の構成をほぼすべて刷新.教科書的に整えながらも,読者に深い興味を持たせる執筆を心がけた.これまで集積してきた実績をもとに,最新の小児外科学のすべてを網羅した待望の改訂版.
2013年09月 24,150円


看護師や介護士から薬剤師に寄せられる“在宅ケアでの薬の疑問”を実践的にわかりやすく解説.医療従事者や患者(とその家族)から実際に寄せられた疑問を元に構成.ウラに隠れた問題点を把握し,患者に応じた最善策を講じる力が身につく.すぐに役立つ具体的メモを随所に挿入.薬剤師だけでなく,看護師,介護士も読んでおきたい一冊.
2013年09月 2,940円


EBMとその実践に必要な臨床統計学を“非数学的”にやさしく解説した入門書.重要な内容は具体例を通して繰り返し解説し,統計学に苦手意識をもっている方にもお薦め.1日1章ずつ読み進めることで,EBMを実践する知識が2週間で身につく.好評書『やさしいエビデンスの読み方・使い方』と合わせて使うとさらに効果的.
2013年09月 1,680円


脊椎・脊髄の解剖生理(正常な状態)と病理(様々な疾患)について,1000枚を越える多くのの画像写真によって診断,術式の解説などを行った臨床に役立つ一冊.
2013年09月 22,050円


市販の嚥下食250品目について物性評価を行い,嚥下食ピラミッドの基準に従って分類.最新の品目を掲載した待望の改訂第2版.
2013年09月 2,835円


回復期リハビリ病棟は、患者の自宅に帰る可能性を探り高めるための病棟である。そのためにどのような情報を得、いつ、どのように患者・家族に働きかけるか、多職種でどのように情報共有するかなど、悩みは尽きない。そんなリハビリスタッフに読んでほしい1冊。
2013年09月 4,410円


理学療法士国試専門問題第37~48回の12回分を科目別に編集した効率良く学べる国試解説書です。各選択肢の解説があるため○×の根拠を明確にし、豊富なイラストが記憶を助けます。
2013年09月 4,725円


作業療法士国試専門問題第37~48回の12回分を科目別に編集した効率良く学べる国試解説書です。各選択肢の解説があるため○×の根拠を明確にし、豊富なイラストが記憶を助けます。
2013年09月 4,725円


2013年09月 2,730円


「ケアマネ1年生シリーズ」ケアマネ初任者の厚い支持を受け、待望の新シリーズ発刊!初任者に最適のシリーズ。本書ではサービス担当者会議をスムーズに開くためのノウハウを示す。事前の準備、開催日時の調整、欠席者への対応、開会から終了までの司会進行、終了後のフォロー、会議の記録など、ケアマネジャーが行うべき業務をつぶさにチェックリスト化した。
2013年09月 1,260円


「ケアマネ1年生シリーズ」ケアマネ初任者の厚い支持を受け、待望の新シリーズ発刊!初任者に最適のシリーズ。アセスメントで把握すべき内容、ニーズ抽出のしかた、居宅サービス計画書の書き方など、自立支援型ケアプランの作成に至る工程を具体的なリストとして示す。後半にはリストの各項目の意味や目的の解説を収め、業務への理解を一層深めることができる。
2013年09月 1,260円


障害者自立支援法が見直され、平成25年度より障害者総合支援法(通称)が施行された。本書は障害者総合支援法の基本的な仕組みを概説するとともに、法律の各条文について簡潔に解説。障害者福祉に携わるすべての方が制度の理解を深めるために最適の一冊。
2013年09月 5,040円


本書は、糖尿病専門医が受けた“よくある”コンサルテーション事例を題材に、外来での考え方と対応の仕方を順を追って解説し、糖尿病診療のコツを伝える1冊。35の症例を取り上げ、その第一印象から経過をたどりながら“次の一手”までをわかりやすく解説。主治医に返す際の返事にも言及している。多様性の中で個別化が求められる糖尿病診療にどう対応していくとよいのか、その考え方と進め方を学ぶのに最適の書。
2013年09月 3,675円


栄養学の基本と臨床栄養管理に必要な病態を理解して,適切な栄養管理を行うための実践的テキスト.栄養士はもとより,NSTのメンバー,医師,看護師,薬剤師,他の医療スタッフや医療職を目指す学生が,栄養管理についてじっくりと深く学習できる充実した内容.卒後教育にも幅広く活用できる.
2013年09月 10,500円


医療・介護施設や自治体から年間200を超える身体介助技術の講習依頼を受ける著者が、腰痛のリスクを劇的に減らす介助技術と身体の使い方を徹底解説! 300点以上のカラー写真と図解で「腰を痛めない身体介助」の秘密、教えます。
2013年09月 1,890円


解剖学を使いこなすプロフェッショナルのための参考書,待望の日本語版.見せたいことに焦点を絞り無駄を省いたシンプルな図とコンパクトな文章で,知りたいことがすぐにわかる!臨床で解剖学を活用する際のツールとして,また解剖学で学習した内容を整理するための参考書として,ご活用ください.
2013年08月 4,200円


毎日のように接している疾患でも,英語で患者さんに説明するとなるとテクニックが必要である。[骨粗鬆症osteoporosis]を説明するとき,[骨bone][カルシウムcalcium][decrease減少する]などのキーワードを列挙するだけでは,なかなか患者さんに納得してもらえない。しかし,「一体どんな病気で,なにが問題なのか」をわかりやすく説明することができれば,(病気と言葉の問題で)不安を抱えている患者さんに安心してもらえ,結果として,良好な医師−患者関係を築くことが可能となる。本書は,病院で遭遇する頻度が高い病気の「あらまし(=患者さんがまず知りたい内容)」を,日英併記で掲載している。外国人の患者さんに対応するときに頼れる虎の巻である。
2013年09月 2,940円


作業療法士国家試験合格をめざす学生のための受験参考書.第48回国試問題の結果を踏まえ改訂.国試出題基準による新分類に対応.
2013年08月 5,250円


小児抗菌薬療法のエキスパートによる実践的でエビデンスに基づいた情報を、表形式でコンパクトに収載したマニュアル。小児の感染症治療について、信頼できる最新の推奨療法にすぐにたどり着ける。感染症の各疾患では多くの抗菌薬の中からベストな選択ができるように解説がついている。『サンフォード感染症治療ガイド』(熱病)の小児版とも言える内容。
2013年08月 3,570円


理学療法において、対象者の状態や問題点を明らかにするための検査・測定と、その評価方法についてわかりやすく解説した入門書です。理学療法の臨床では、直感や憶測に頼るのではなく、関連知識や臨床技術を駆使して、対象者の問題を推論しながら検査・測定し、評価した上でマネジメントを決定するため、データは正確でなければなりません。本書は、検査・測定、評価で正しい情報を収集するためのノウハウをわかりやすく図解で解説します。住環境や家族関係などの収集すべき情報の種類から、医療面接の進め方、血圧・心拍数測定、関節可動域測定、反射・反応検査、ADL検査、意識障害尺度などの各種検査・測定の方法、さらに評価の統合・解釈までわかります。
2013年09月 2,205円


臨床での”なぜ?どうやって?”がわかる!!障害者の自立・自律を支援する福祉用具。本書はベッド・床上動作、移動・移乗、コミュニケーションなどADLごとに、高齢者、脳血管疾患、脊髄損傷、神経筋疾患、関節リウマチ、切断など疾患・障害別に、多数の図表を用いて課題にそって福祉用具を選択する流れを解説した。
2013年09月 3,990円


糖尿病の正しい注射手技を理解し,最適化された患者指導を行うための“新しい”マニュアル.インスリン,GLP-1受容体作動薬,CSII,CGM,SMBGについて,注射手技をビジュアルにわかりやすく解説し,それらの適応や管理,注射に関わるトラブルへの対応,注射機材の廃棄方法など注射に関わるすべてを網羅.糖尿病治療・療養指導に携わる全スタッフ必読の一冊.
2013年08月 2,415円


急性期・リハ期・慢性期患者,認知症患者,在宅療養中高齢者に特徴的な転倒ケース,そのアセスメント・対応のコツを素早く調べて実践できる.事故発生時の救急対応,有効なインシデント報告,裁判にならない事故防止策,身体拘束の実際など,転倒・転落予防に役立つすべてがわかる一冊.
2013年08月 2,730円


質的研究法、グラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)を学ぶ者の定番となった入門書、8年ぶりの改訂。実際のゼミ形式に基づきわかりやすい「島巡り」の流れでその真髄に迫ります。初版、増補版からさらに進化/深化した編者のデータ収集、分析の実践的なテクニック満載。実際のディスカッションや学生の振り返りの様子も紹介し、難しいと敬遠されがちな研究の世界へ読者を誘います。
2013年09月 2,730円


難解?近寄りがたい?そんなイメージを一掃する驚きの入門書! 研究の歴史・発見の経緯や身近な例から解説し,複雑な機能もスッキリ理解.ユーモアあふれる著者描きおろしイラストに導かれて,脳研究の魅力を大発見!
2013年08月 4,410円


名篇『脳卒中と神経心理学』待望の改訂。脳血管障害に起因する神経心理学的症候と、その病変部位、血管支配の解説について、新たな知見を増補。本書を鳥瞰する「総論」と脳血管障害の病態から神経心理学を論じた「病因からみた神経心理学」の章を新設。さらに「治療と対策」の章では、リハビリテーションに関する項目を充実させ、臨床でいっそう役立つ内容に。神経心理学に携わる医師、言語聴覚士、作業療法士の必読書。
2013年09月 12,600円


生理学の膨大な知識を、コンパクトかつわかりやすくまとめた好評テキスト。第4版ではオールカラーとなり、内容も一新。PT・OTにとって特に重要となる領域には重点をおいて解説し、国家試験にも対応。章末の「理学・作業療法との関連事項」では、各章で学んだ生理学の知識が臨床でどのように役立つのかを示唆。また「NOTE」では基礎知識の解説、およびやや専門的な解説で読者の理解を助ける。
2013年08月 4,620円


労働者の労働安全衛生から職場環境におけるメンタルヘルスの問題まで,過去を振り返りつつ現代を見つめ,産業精神保健分野に山積しているさまざまな課題に関する著者の意見が包み隠さず述べられている.患者,医師,企業の利害を想定し,必要なことは何かを提言した産業精神保健のエキスパートの本音がわかる.
2013年08月 4,200円


rt-PA静注療法が2005年10月に急性期脳梗塞に対する治療として国内で初めて認可され,救命率および後遺症残存の改善が図られてきた.多くの市販後調査報告や,研究により新たな知見が蓄積され,2012年8月に発症後3時間から4.5時間へ治療可能時間が延長され,さらなる治療効果の向上期待されている.本書はこうした治療の進歩に伴い改訂された「適正治療指針」を読み解き,具体的に理解して実践的でき,かつ最先端の情報を提供する.
2013年08月 3,360円


『できるバイオインフォマティクス』の改訂版。前著発刊からの11年間で飛躍的に発展した生物科学の情報を,パソコンやタブレット端末で収集・活用する方法を基礎から学べる。豊富な図版や画像で,初心者にもわかりやすく解説。すでに薬学への応用が実現している最新事情を紹介し,読者もWebで創薬を試みることができる。生物情報のデータベースとソフトウェアツールを自在に扱えるようになる本。
2013年08月 3,990円


好評書の改訂第4版.今改訂では新しい知見を盛り込むとともに(約60頁増),理解を深めるために5つのcase study を収載したDVDビデオ(約1時間)が付いた.
2013年08月 12,600円


作業療法士国家試験合格をめざす学生のための受験参考書.第48回国試問題の結果を踏まえ改訂.国試出題基準による新分類に対応.
2013年08月 5,250円


本書は発達障害の診療や支援をしたいと考えている一般精神科医や小児科医,臨床心理士などに向けて書かれたものである。発達障害を診断する際に必要な診断概念,認知心理学・発達心理学の知識,発達歴のとり方等を,現場で役立つ形で示すとともに,当事者の言動を理解し支援の方法を考える際に有効な「こころの理論」「実行機能」「中枢性統合」といった概念の基本についても解説した。医師や心理職の助言は,親にも,教師などの関係者にも大きな影響を与える。正確な診断を行い,それぞれの患者に合った支援に結びつけるための入門書。
2013年08月 2,625円


1990年代に医学/医療界に生じた,エビデンス・ベイスト・アプローチの潮流は心理学/臨床心理学にも強く影響を与えた。わが国の臨床心理学においても,従前「自明」とされてきた事例研究の価値の低下をまねくこととなった。臨床における事例研究の価値と意義が改めて問われるなか,臨床心理学と医学,あるいは,エビデンスとナラティブとのあいだをつなぐ実践を行なってきた著者が,精緻な理論と豊富な臨床事例をもとに,科学としての事例研究のあるべき姿,すなわち,真に臨床に寄与できる事例研究の理論と方法を再構築する。
2013年08月 3,360円


退院後も患者さんが家庭で手のリハビリを継続できるよう、経験豊富な作業療法士が執筆した実践マニュアル。事故を防ぎ、そして毎日の短時間の継続で効果をあげるための方法を豊富なイラストを使って解説。
2013年09月 3,360円


医療、保健、福祉の臨床現場で働くサイコロジストやメディカルスタッフに必要な精神医学の基礎知識を、コンパクトにわかりやすくまとめたガイドブック。精神疾患はもちろん、診断学、症状学、治療法、処方薬の効能や禁忌、関連法と制度やチーム医療の在り方など、「これだけはぜひ知っておきたい基礎知識」を網羅している。現在の臨床現場で欠かすことのできない最新の薬の知識など、単なる理論の紹介や学問の流れではなく、実践現場でいかに役立つかに重点をおいて編集されている。第2版では、精神科ソーシャルワーカーや臨床心理士のあり方をより具体的に紹介し、また保険点数化された認知行動療法の記述を強化している。
2013年08月 4,095


難解といわれる放射線療法の種類や特徴,がんに効くメカニズムについて,わかりすく解説。また,照射部位別・総線量ごとに生じる有害事象と,そのアセスメント,看護ケアなどを「ケアマップ」にして説明するなど,ケアのポイントと根拠を具体的に示した。
2013年08月 3,150


原著副題は“All that Glitter is not Gold(光るものすべてが金とは限らない)"ちまたでもてはやされている臨床試験,本当に価値のあるGoldなのか――?本書を読み進めれば,じつに多くの臨床試験が,そうでないことに気づくはずだ。「Goldではないのに光り輝くように見えてしまうからくり」がわかれば,論文を読むことはもっと楽しくなる。そして,目の前の患者さんに本当に必要な治療がみえてくる。本書は,論文の読み方について,あのファーバーグ兄弟がわかりやすく丁寧に解説した「入門書」です。
2013年08月 2,940


神経生理学的原則を応用して、座る・ 立つなどの動作や移動、上肢機能の回 復などの全般的原則と具体的な運動再 教育の方法を豊富なイラストで紹介。 神経リハビリテーションを学ぶ学生だけ でなく、経験豊富な理学療法士、作業 療法士など、神経リハビリテーションに 関連するすべての人に役立つ。
2013年08月 3,990


糖尿病療養指導を行う中でよく聞くキーワードについて、同時によく聞く用語や病態を、たくさんの図表を用いて比較・解説している。見比べることで「何が違うのか」「何が同じなのか」がよくわかり、糖尿病ケアに必要な知識がしっかり身につく。
2013年08月 4,200


1998年の初版刊行以来,多くの読者の支持をいただいてきた療育に携わる人のためのガイドブック,待望の改訂版です.豊富なイラストとあわせて保護者の質問にセラピストが具体的に答えるスタイルはそのままに,現場でのニーズの高まりを見据え,改訂版では新たに第2部「家庭・保育園・幼稚園・学校生活での支援」を設けました.
2013年08月 3,150


認知症の基礎知識、効果的なプログラムの立案・展開、コミュニケーションの取り方、アセスメントの視点、作業活動の実施方法などを解説。場面別の事例も収載し、プログラム立案の過程と援助の実際を示す。
2013年08月 3,990


若手医療関係者や医療系学生に向けて、学会発表や論文執筆のコツを具体的に解説。学会選び、抄録・スライド・ポスターの作成、口演とポスター発表の違い、投稿雑誌選び、投稿規定の重要さ、編集委員会とのやりとり、やってはいけない「べからず集」など、実践的な情報が満載。「基礎から学ぶ 楽しい~」シリーズ第2弾。隠れファンの多い脚注も一読の価値あり。本書を読めば、学会発表がうまくなる、論文執筆が楽しくなる!
2013年08月 2,940


Excelの基本的なキー操作といった“超・基礎”から、便利な集計機能「ピボットテーブル」を駆使したデータの集計・分析、グラフ作成のポイントまで、豊富な画面例でやさしく伝授。医療現場を想定したサンプルデータを用いているので、身近な業務データの整理にも即役立ちます! 「スライド原稿を作る便利ワザ」など、医療者がより便利にExcelを使いこなすための有益な情報も満載。
2013年08月 2,415


薬剤師として病棟で何をすべきかがこの一冊でよく分かる。3章では脳神経外科で薬剤師の職能が発揮できる4事例をあげ、薬学的にどう考えるか、どう介入するのかなどチームでの薬剤師の動きを示している。また、病態と薬物治療の解説がついていて、疾患の理解にも役立つ。
2013年08月 2,730


「WHO (世界保健機関発行、2012年12月)の翻訳版。従来の三段階除痛ラダーを廃止し、二段階除痛ラダーの小児適用を勧告するなど、小児における持続性の痛みに対するオピオイド鎮痛薬・医療用麻薬の新たな取り扱い方を示す。医師・看護師、薬剤師、政策立案担当者それぞれを対象にガイドラインの重要項目を抜粋した副冊子付き。
2013年08月 3,675


循環器疾患患者の救急搬送から退院までの各場面で,看護師が何を観察して判断し,どんなケアを行うべきか,根拠とともに丁寧に解説.循環器看護に求められる疾患の知識とケアを網羅した必携のマニュアル.改訂にあたり,最新のガイドラインを反映させたほか,「感染管理」「皮膚・創傷管理」「救急蘇生法」の章を新規に追加,最新の医療情報満載のTOPICSも充実!
2013年08月 4,725


様々なルールに従い、多くの人々とやりとりする場面が多くなる小学校生活。そんな集団生活への適応が難しい子どもに対し、家庭や学校でソーシャルスキルを指導する方法をわかりやすく解説。集団生活に適応できない原因を類型化し、原因に応じたスキルの獲得方法を提示する。
2013年08月 1,890


著者は1923年生まれの脳解剖学者で,東京医科歯科大学解剖学教授時代に学内外の多数の学生に「先入観にとらわれない脳のスケッチ」を指導したことで知られている.自身の脳研究の集大成を,若手研究者や学生に向けて書き下ろしたいという意向で本書執筆を進めていたが,2011年末に急逝.本書は「萬年式」神経解剖学を学んだ岩田誠東京女子医大名誉教授が遺稿を整理,完成させたものである.
2013年08月 4,935


文書作成・編集,文献の収集・管理,プレゼンファイルの確認,スケジュールのチェック・共有などを,PCやスマートフォンなどの複数の端末でこなすにはクラウドサービスの活用は必須! 本書では医療関係者のためにGoogleの各種サービスをはじめ,DropboxやEvernote,Mendeleyなど便利なクラウドサービスを厳選して紹介.迷っているあなたに導入の手助けをします!
2013年08月 3,675


吸入薬など多岐にわたる呼吸器疾患治療薬は,経験の浅い医師には敷居が高いもの.本書では実際の診療の現場に即して,その実践的な使い方を解説する.“呼吸器科の指導医が医局や飲み会で若手や同僚に話す自分の経験則やネタ"集.「レジデントのため」だけでなく,プライマリ・ケア医や他科を目指している若手医師など,多くの医師,コメディカルにもお勧めです.
2013年08月 3,150


障害者・障害児に対するサービス事業について、人員・設備・運営基準を網羅した関係者必携のパーフェクトガイド。指定基準省令と解釈通知を左右対照形式で「見やすく」「わかりやすく」編集した。障害者総合支援法の施行に伴う最新版。
2013年08月 3,570


障害者・障害児関係の各サービス報酬について告示から通知までを網羅した関係者必携のパーフェクトガイド。報酬告示、関係告示、留意事項通知を三段対照形式で「見やすく」「わかりやすく」編集するとともに、報酬に関するQ&Aも収録。障害者総合支援法の施行に伴う最新版。
2013年08月 3,990


わが国初のNICEガイドラインを活用した摂食障害治療の実践書。エビデンス豊富なNICEガイドラインを、わが国の摂食障害治療に活かすべく、症例とともに詳細、かつ平易に解説。プライマリケア医から専門医まで、摂食障害に関わる人、必読の1冊。
2013年08月 3,990


亜鉛は微量元素のなかでも生命の維持,健康保持に重要な役割を果たしており,多くの疾患で補充療法が必要となる。現在,世界人口の25%が亜鉛欠乏状態にあると言われているが,米国および我が国の住民調査でも高齢者の多くに亜鉛欠乏がみられ,健康寿命を延ばすためには十分量の亜鉛を摂取する必要がある。また若い世代のコンビニ症候群,亜鉛吸収を阻害するとされる薬剤は170 種以上,アスリートの亜鉛欠乏性貧血等,予想されるよりはるかに多くの亜鉛欠乏患者が存在する。本書により必須微量栄養素である亜鉛の重要性を医療者に広く知っていただきたい。
2013年08月 3,150


重度失語症者と家族の支援からはじまり、重度失語症者の観察のポイントと精査、急性期・回復期・生活適応期各期における重度失語症の臨床、評価と訓練、さらにグループ訓練の意義と役割、コミュニケーションのための補助手段などを14人の失語症専門家が詳細に論述する。重度失語症のバイブルとなる書である。
2013年08月 4,200


MIMMS第2版(2005年発行)から8年.MIMMSの災害医療対応への普及により,いまやMIMMSはわが国災害医療対応における重要な共通言語となった.今回,改訂した英国テキストをもとに,第3版としてMIMMS日本委員会が和訳を行った.内容は全体的に大幅に整理され,理解しやすくさらに充実したものとなっている.災害医療関係者の必携テキストである.
2013年07月 4,925


術前から術中に渡り、CTをフル活用した今までにない心臓CT症例集である。CAGに匹敵する情報だけでなく、CAGにもIVUSにもない情報がここにある。CAG前からのPCI治療戦略構築、術中の手技・デバイス選択、リスク回避など、PCIの疑問点・問題点を補う情報が満載!
2013年07月 4,200


今日の診断や治療技術の飛躍的な進歩の中にあって,ともすれば病歴や基本的な診察は過小評価されがちである。しかし、疾患の病態生理を押さえた上で必要かつ十分な診断方法を患者に提供することはよい医療の普遍的な要件であることに変りはない。本書はその意味であえてテクノロジーに依存しない旧式のアプローチを強調し、病歴聴取と診察の技術を各章ごとに配置し問診と身体所見の「アート」を提示した。そのほか,今日的テーマとして患者のニーズや思考に焦点を当てる上で欠かせない,多様な文化での医療や,伝統的医療・代替医療についての理解も加えた。900点を超えるカラーの症例写真と図説は視覚的に大変理解しやすい。待望の翻訳版刊行である。
2013年07月 7,140


「動く」ことから「こころ」が生まれてくる,という仮説に基づき,胎児期からの運動を起点に,乳児期までの運動発達や認知情動発達について解説.謎に満ちた発達のメカニズムについての考証を繰り広げ,近年,とくに問題となっている発達障害も,行動の出発点である胎児期から,その発生メカニズムを前方視的に観察研究する必要がある,という考えに基づき,現在の発達障害の臨床に警鐘を鳴らしている.既存の発達神経学を再考証し,新しい学問としての発達行動学を模索した1冊.
2013年07月 3,990


脳神経疾患病棟の看護師が押さえておかなければならない看護技術について、写真を用いて手順や方法をやさしく解説。JCSやGCSの評価方法、対光反射の判定方法などの基本的な手技から、けいれんの対応、合併症の予防まで、幅広い看護技術を網羅した一冊。 看護師向けの書籍ですがリハスタッフにも読みやすい内容です。
2013年07月 4,200


頭から足の先まで、体全体をみるために必要なテクニックをねじ子先生が徹底解説。聴診器の使い方や打診の指の動きなど、くわしいイラストと「ぐっとくる」コメントで、楽しみながらマスターできます。フィジカルアセスメントに強くなりたいナース、実習・臨床研修にむかう医学生、体をみるコメディカルなど、医療従事者必読!
2013年07月 1,680


定評ある理学療法士国試対策の決定版!本書は厚労省の出題基準による新分類に対応し,「理学療法の基礎」「理学療法評価学」「理学療法治療学(基礎介入手段)」について解説した.
2013年07月 4,935


「創傷」についても医学的エビデンスが蓄積されつつあるが、臨床現場で「創傷の痛み」に悩まされることはしばしば経験される。「なぜ、傷は痛いのか?」「なぜ、傷の痛みを取る必要があるのか?」「傷の痛みにエキスパートはどのように対応しているのか?」.その疑問と秘訣を余すところなく紹介したトータルガイドブック。臨床の第一線で日々「創傷」と戦っておられる医療者に贈る決定版!
2013年07月 5,250


多くの症例を経験しないとわからない下肢EVTの合併症・トラブルへの対策,コツやノウハウを新進気鋭の執筆陣が実践的にまとめた.エキスパートが難渋した症例について,症例写真と術中の様子(術者の考え)を詳細に解説し,臨床知と基礎的な知識を関連づけながら臨場感溢れる学習ができる.これから下肢EVTを始めようとしている医師,すでに取り組んでいるが悩みも多い医師必読.エキスパートの秘技の解説コラムも収載!
2013年07月 7,350


呼吸器疾患診療に豊富な経験をもつ著者が,貴重な写真・画像とともに自身の考えを交えて呼吸器疾患診断の要点を解説.感染症,閉塞性肺疾患,間質性肺疾患,肺癌など多岐にわたる呼吸器疾患について“特徴的な症例写真,画像所見,病理所見と明快な解説”でテーマごとに見開きで構成.臨床呼吸器内科学のダイナミックさが理解でき,総合的診断力が身につく一冊.
2013年07月 7,140


若手医師・心臓リハビリスタッフが共通に抱くさまざまな疑問に,経験豊富な著者が理論的かつ明快に回答した好評書.今版では,「心肺運動負荷試験」「運動療法」を新章として追加したほか,各項目を整理・追加し,有用で興味深いトピックスをコラムとして32個掲載している.また内容の重要度を☆でランク付けし,現場で一層役立つ一冊となっている.
2013年07月 3,465


高齢者等の褥瘡になる危険性(発症リスク)を判定できるツール「OHスケール」。本書は、「OHスケール」の開発の経緯からエビデンス、活用法のポイントまでをわかりやすく解説する。褥瘡を予防する介助方法や、褥瘡リスクに応じたマットレス等の選び方もわかる一冊。
2013年07月 2,100


特定保健指導で成果を出すためには、食事・栄養や運動に関する指導内容について、裏付けのある説明が必要となる。本書は食事・運動指導のエビデンスをQ&A形式で解説。「お酒のカロリーは少ない?」「どんな運動が痩せる?」など、指導の際に使えるネタをわかりやすく学ぶ。
2013年07月 2,100


EBM の手法に基づき、全臓器の標準的撮像法、画像診断の適応とその効果について、日本医学放射線学会ならびに日本放射線科専門医会・医会が総力を挙げ編纂した。CQ 方式でevidence とsuggestion を示し、画像検査の質を担保する目的で現時点での標準的と思われるルーチンの撮像法について記載した。500 点以上の図表を収載し、分かりやすく解説した最大級ボリュームのガイドライン。各科画像診断必携の書。
2013年07月 6,930


褥瘡の治療について、評価法、VACなどの保存療法から、皮弁などによる外科治療までを詳述! さらに、栄養管理やチーム医療の取り組みまで網羅しました! 形成外科、皮膚科の医家やコメディカルまで、褥瘡に関わる全ての医療従事者、必読の1冊です! !
2013年07月 3,150


ときに重篤化し、より早く、より正確な判断が特に重要な感染症。得られた皮膚所見から迅速に鑑別診断を行うため、ぜひ本誌をご活用ください。
2013年07月 2,625


本書は、身体の平衡にかかわる諸器官の加齢性変化、その検査法や対処法についてまとめたものである。そのなかで、加齢による平衡障害すなわち「加齢性平衡障害(presbystasis)」という、筆者が提唱する疾患概念についても紹介している。高齢者の平衡障害は転倒、骨折などにも直結する可能性が高く、超高齢化社会の到来を前に介護予防の観点からも、その対策は喫緊の課題といえるだろう。また、その診療にはさまざまな臨床科の知識、技術が必要であり、多くの医療従事者の協力体制が必須となる.高齢者ケアに携わるすべての方に読んでいただきたい一冊である。
2013年07月 3,150


「教科書が厚すぎて最後まで読み切れない」「どこが重要かわからない」・・・・・・困っていた学生達のために、講義を受け持っていた先生が立ち上がりました。そして生まれた本書は、まさに“現場の声を反映させた"テキスト。神経学のエッセンスのみに絞り、余分な説明は思い切ってそぎおとしました。リハビリテーション学生の国家試験対策にはもちろんのこと、医師・看護師などあらゆる職種のメディカルスタッフの要点整理にも最適。習い始めの最初の一冊として選ばれてから、現場を離れる最後の日まで、末長くご活用ください!
2013年07月 3,360


カテーテル検査・治療を行ううえで、「今さら聞けない疑問」、さらには「最新動向についての疑問」をQ&A形式で解説。旧版内容をよりブラッシュアップ!!入室前の基礎知識、機器について、治療中、カテ終了後それぞれの疑問に分け、基礎的な質問から、実手技にまつわる質問までをコンパクトに解説。旧版からさらにOCTやFFR項目を新規に収載。「Point」、「これが必須用語だ!」、「今日から役立つ知っとく情報」の囲みを設け、端的に解説。巻頭には冠動脈の解剖をイラストで紹介、巻末には最新機種一覧を掲載。オールカラー、箇条書き形式で読みやすい構成。
2013年07月 6,090


いかに慢性呼吸器疾患患者の急性増悪のサインを見抜き,実際に患者がクリティカルな病態に陥ったときにどのように対処すべきか,またいかにスムーズに退院から外来管理へつなげるかについて実践的にまとめた画期的な1冊.レジデントの教育に携わっている執筆陣の活きたノウハウを凝縮.入院中のサマリーの書き方や患者退院時や引き継ぎ時に心掛けたいことなど,キラリと光る呼吸器内科医になるためのスキルも満載!
2013年07月 5,040


本書は、ハート・チーム、ハイブリッド治療室など環境的な整備、疾患を理解するための解剖・病態生理・画像診断など基礎知識を踏まえたうえで、卵円孔開存、心房/心室中隔欠損などの先天性心疾患の閉鎖療法、経カテーテル大動脈弁植込み術(TAVI/TAVR)、僧帽弁狭窄症/僧帽弁閉鎖不全症のカテーテル治療について詳しく解説。臨床応用が進む欧米における最新、最高のテクニックがこの1冊につまっている。
2013年07月 14,700


本書は心臓リハについての基礎から臨床まで幅広い項目を網羅しており,初学者から専門職まで共通理解に役立つ決定版となっている.多くの臨床スタッフが読みやすいよう簡略にまとめられ,図表を多く盛り込むなど,ビジュアルな紙面となっている.
2013年07月 9,975


経過別ポケットマニュアルシリーズ3、「脳神経」編。最新の疾患の概念・病態・治療法を理解し、科学的根拠のある看護過程が展開できるよう、疾患別に急性期から慢性期までを「疾患の理解」、「経過別看護のポイント」にまとめた。 分かりやすい!新人リハスタッフに是非お勧めの一冊。
2013年07月 2,730


本書では私が経験してきた内資企業と外資系企業,先発医薬品とジェネリック医薬品の対比をしながら話を進めていきます。ジェネリック医薬品業界のノウハウや知識は,これからジェネリック医薬品業界を志し,担っていく人たちへ継承していかなければなりません。本書がジェネリック医薬品ビジネスの理解を深め,継承の一助になることを願っております。
2013年07月 2,100


すべての対人援助職に向けて、家族を「構造(システム)」として理解するための基本知識を解説。第1部で家族構造理論の全容を示し、第2部で基礎をベースにした実践での展開法を紹介します。解説内容を実際の家族で読み解く事例も豊富に掲載しました。家族問題に悩む専門職のバイブルとなる一冊です。
2013年07月 1,680


障害者自立支援法の成立から現在にまで続く障害福祉施策の改革に焦点をあてつつ、図表を用いて「障害者総合支援法」のポイントを63項目にわたり詳しく解説する。当事者、サービス事業者、学生、行政関係者など幅広く読んでいただける大好評解説書の改訂改題版。
2013年07月 1,890


“気になる”子のために頑張っても成果が出なかった…。本書は、うまくいかなかったケースを取り上げ、何が問題だったのか、どんなケース理解が必要だったのか、今後どうすればよいのか、複数の対応を示した16事例を収載。明日からの実践に活かせる支援の手立てがわかる一冊
2013年07月 2,100


認知症になると、本人だけでなく家族も動揺し、不安を抱えることになる。本書では、発症初期から看取りを終えるまでの段階ごとに、認知症の症状と家族のこころの揺れ動きを解説。架空の家族のストーリーによる事例をもとに、認知症の進行に応じた家族支援のあり方を考える。
2013年07月 2,100円


2013年07月 2,100円


ポジショニングの実践に必要な知識・技術を網羅、多彩な写真とイラストでわかりやすく、丁寧に解説している。病棟から手術室、在宅まで、ポジショニングが行われるすべての場面、すべての対象(患者)に対応。この1冊があればポジショニングのすべてがわかる。
2013年07月 4,935円


昨今の褥瘡ケアのトピックスである「体位変換のあり方」について、エビデンスをもとに、現状の問題点の提起と、望ましい方法論について解説している。不適切な体位変換やおむつ交換が原因で、なかなか治らない褥瘡症例を多数収載。これらの褥瘡の創面に表れた「悪化のサイン」「軽快のサイン」を明示しながら、行うべきケア・治療のポイントをまとめている。
2013年07月 3,360円


痛みの薬物治療を効果的に行うために必要となる広範な知識を網羅.薬物の作用を理解するために必要な解剖・生理・薬理学的知見,最新の痛み発生機序の考え方,痛みの種類からみた鎮痛薬の選択,各種薬剤の作用機序・薬物動態・エビデンスに基づく鎮痛効果の特徴,痛みが生じる病態ごとの鎮痛薬の選択など様々な切り口から理解できる構成.簡潔でわりやすい記述と全ページカラーのビジュアルな誌面により,初学者からベテラン麻酔科医まで,自信の興味とレベルにあわせて,読みたい項目を選んで読める.
2013年07月 13,650円


本書では、実習の教育的意義から始め、実習の受け入れから開始までのステップ、評価、治療計画立案、治療実施、指導方法、学生評価、終了に至るまで幅広く触れ、必要な情報が得られる。問題解決のプロセスにしたがい、使われる用語の定義や考え方などを提示。用語について共通認識をもつことは、指導者と学生がコミュニケーションをとるための第一歩である。さらに、近年、問題になることが多い学習困難な学生への対応についても盛り込んだ。領域別の施設の概要、実習スケジュールと指導上の工夫、学生・指導者の生の声(感想・意見)など、参考になることが数多く記載されている。
2013年07月 3,780円


国際サイコオンコロジー学会の承認を受けた、がん患者への心理療法テキストブックの邦訳。過去20年間のサイコオンコロジー領域における心理研究の集大成であり、21の精神療法が収載されている。症例の解説のみならず理論的背景、エビデンスなどもコンパクトにまとめられ、臨床腫瘍医、がん看護師のみならず、臨床心理士が現場でどう介入を拡げていくかの示唆が満載。
2013年07月 4,200円


本書は1980年代初頭から作業療法の臨床、教育、臨床研究に携わってきた著者が、体験を通して得た『確からしさ』を書き留めた、臨床の覚え書きである。最終章には著者による『作業療法臨床のコツ』も掲載している。「生きる」ということを改めて考えさせられる1冊である。
2013年07月 2,940円


機能障害別・疾患別に「作業処方」をシミュレーション!症例の提示→基礎知識の解説→必要な評価の選択と評価計画の立案→評価結果の分析→症例の問題点とリハの最終目標を抽出→最適なアクティビティ選択の一例を「作業処方」として提案。PBL(問題提起型学習)の方法を用いて、臨床思考を紙上でシミュレーションしながら学ぶ。具体的な実例と丁寧な解説、豊富な図表(フローチャート)を盛りこんで、初学者にもわかりやすい内容にまとめた。
2013年07月 3,990円


居宅訪問チェックシート、通所サービス実践ガイドラインを収載!リハビリテーション実施計画書、事業所運営を改善するマネジメントのノウハウ。
2013年07月 2,730円


手はひとと外界をつなぐインターフェイス!手のフォームと動きのパターンという視点があなたを変えるかもしれない!長年の研究・臨床活動に基づいて作業療法士に贈る手の機能評価のための、新たな枠組みを示す一冊!
2013年07月 5,040円


わが国の高血圧人口は4,000万人を超えると推定される.高血圧は脳,心,腎疾患の主要な危険因子である.本書ではわが国における高血圧診療の現状,問題点を余すところなく捉え,最新の進歩を実地臨床に活かすことを企図している.したがって,本書の目的は高血圧診療に関わるすべての医家にとって患者に最適な診療を提供するための指針となることに加えて,最新知見を紹介することにある.定評ある日本医師会雑誌特別号の一冊.
2013年07月 5,775円


チーム医療を実践しようとすると様々な困難や壁があり,思うようにいかないことも多い.本書では,医療ジャーナリストとしてチーム医療を長期に取材し,その推進を支援してきた著者が,これまでの取材から得られた「成功するチーム医療に共通する条件」を,チームメンバーの10の心得として提示.各メンバーの専門性や診療報酬加算を知るための資料も付したチーム医療に携わる方の必携書!
2013年06月 3,150円


IgA腎症は成人の原発性糸球体腎炎の多数を占め,発症後20年以内に約40%が末期腎不全に至る疾患であり,予後不良因子を有する患者では,早期より積極的な治療が推奨される。多彩な病理像を呈する本疾患の診断には腎生検が欠かせず,腎生検での正しい病理診断が重要である。2007年に刊行された「腎生検診断Navi」の著者による本書は,腎生検によるIgA腎症の病理像をアトラス的に掲載し,豊富な病理像アトラスと,重症度分類についての詳しい解説の2本柱で,IgA腎症の重症度までを診断できる内容となっている。
2013年06月 4,725円


本書はリハビリテーション医学の変遷と確立,そして現在進められているリハビリテーション医療と日本リハビリテーション医学会としての取り組みについてまとめており,現在のリハビリテーション医学を知るための一冊となっている.
2013年07月 3,150円


本書は、日々、緩和ケアを実践する方々の助けとなることを願って作られた。そして、医師向け、看護師向けなどと職種を限らず、患者に関わるすべての職種にとって「共通言語」として使えるようになっている。(1)即戦力となることを重視して、一般名から探す手間を省き、そして具体的に投与量を記述。(2)白衣に入るポケットサイズで、持ち運びに便利。(3)症状マネジメント、ケアの工夫、説明の仕方、看取りのケアなど、緩和ケアで生じるほとんどの問題をカバー。(4)看取りのケアや、呼吸困難のケアなど、がん以外の患者さんにも応用可能な内容。(5)注射薬が利用しにくい時の対応など、在宅での工夫を取り入れている。
2013年06月 2,100円


COPD患者は多彩な病像を示し,呼吸器疾患として限定的にみることなく全身疾患として捉えることが求められています。ガイドラインは診療をする際の参考となる情報や標準的な考え方を示していますが,COPD患者の病態は経時的に変化しており適宜把握するのは医療従事者の役割です。個々の患者に合った最前の治療・管理をしていただくために,本書が役に立つことを願っています。
2013年06月 3,675円


一般病院,ホスピス,在宅支援診療所,大学病院.すべての緩和ケアのフィールドで常勤医として緩和医療を行ってきた著者が,そこで会得した真に最適な処方をあますところなく開陳する.厳選された薬剤を,重要度順に解説.疼痛・倦怠感・不眠・せん妄など,緩和ケアで問題となる諸症状のうち,どの薬剤がどれに奏効するかについても,本書独自の「緩和スペクトル」を見れば一発で理解できる.緩和薬選びの常識を変える究極の実用書!
2013年06月 3,150円


ナース向け脳血管内治療のポケット判書籍としては,本邦初の書.脳血管内治療にかかわる血管解剖,疾患と治療,検査のポイントを網羅し,デバイスの特徴,手術時のケアが詳細に記載されている.必要なときにサッと出して,パッと確認,すぐにケアに生かせる一冊.
2013年06月 1,995円


子どもの発達を支えるために、医療の現場で、教育現場で、家庭で、今日から明日から私たちができること! 発達に問題を抱えた子供たちのリハビリテーションには,彼らの問題点を指摘し,お尻を叩いて行うものばかりではありません.彼らが安心して学び,幸福に働き,健康に生きるために,われわれ自身が,今日明日からできること,それを一緒に考え,実践に移そうではありませんか.
2013年06月 2,100円


現時点での作業療法士の知識,技術,振る舞い,態度,身につけるべき資質を平易に記し,各項目はエッセンス(項目全体の内容を簡単にまとめた概要),本文(自らの体験を通して気がついたこと,苦労したこと,充実したこと,失敗,成功談など実践に役立つノウハウ,秘訣,押さえておきたい知識など),メモ(押さえておきたいこと,ちょっとしたウンチク関連用語の解説),マンガ(若い読者に親しみやすいイラスト),参考図書,文献(もっと詳しく知りたい人のために参考書を2から3冊紹介し,簡単な解説と感想),ワークショップ,問題提起(読者にさらに一歩踏み込んで考えてもらうための問題のポイントの明確化と探求の提示)で構成されている.
2013年06月 7,350円


構造と機能を統合的に解説し,機能的・臨床的な側面を詳説した実践神経科学のテキスト.今改訂では,アルツハイマー病や脳腫瘍などの疾患ごとの詳細な違いが理解でき,サマリーやスタディガイド,要点ボックスなど,各疾患のコンセプトをつかめるよう工夫されている.
2013年06月 10,080円


本書は,疾病や障害特性に応じた援助について記述しており,とくに治療や訓練など事例を用いて具体的な看護援助のプロセスを示すことで,日々の看護援助に活用しやすい内容となっている.
2013年06月 3,990円


うつ病治療における「作業療法」に期待が高まるなか,基本知識からOTの役割,実践方法,社会復帰支援プログラムが具体的に記された待望の一冊!
2013年06月 3,780円


数多くの質的研究を行い、論文指導の経験も豊富な著者の目の前で大学院生が落ちた、著者自身もろともに落ちた、質的研究における“ピットフォール(落とし穴)”の数々を読み物風に紹介。質的研究を始める人がそうした陥穽に陥らないために、すでに行き詰まりを感じている人がそこから抜け出すために、実践的にアドバイス! 著者の経験に基づいた、心に沁み入るアドバイスで、前向きに研究に取り組むエネルギーもup!
2013年06月 2,100円


本書は、在宅で日々黙々とホスピスケアに携わる医師や看護師などの医療者をはじめボランティアなどの経験をもとに、在宅ホスピスケアの方法やコツをまとめたもの。豊富な事例からケアの実際を知るだけでなく、死に逝く患者の生き様や感動も感じられる。がん患者のホスピスケアとは何かを改めて考えるうえで参考になる書。
2013年07月 2,730円


学会発表を聞いたり論文を読んだりする際に,若手臨床医が最もつまずくのがなんといっても医学統計,特に生存時間解析です.本書では,難しいといわれる生存時間解析の基本を,一から図解で解説します.なるほどあのグラフの意味するところはこうだったのか! Kaplan-Meier法,log-rank検定,Cox回帰モデルの意味が手順をおって理解できる,目からウロコの一冊.
2013年06月 2,940円


水電解質代謝や酸塩基平衡,輸液の基本的考え方から最先端のトピックスまでを解説するとともに,小児から高齢者,外来から救急の50症例を通じ,水電解質・酸塩基平衡異常の病態とその治療が学べる1冊.1つの病態に対し数例の症例を提示するなど,各症例に対しどのようなアプローチをしたか,するべきかが具体的に解説されるほか,理解度を測る演習問題もあり,腕試しができる.
2013年06月 7,350円


集中治療看護のベーシックかつ実践的な内容を基本に、ケアのバックグラウンドとなるエビデンスなども網羅。ポイントごとに、どのようにケアを実践するかを「だからこうする」の項目で明示し、臨機応変に対応する助けとなる、ICU看護師向け解説書の決定版。
2013年06月 4,200円


脳血管障害と脊髄損傷に分け、それぞれで、体力を構成する要素である筋力、パワー、筋持久力、全身持久力、敏捷性、平衡性、柔軟性、協応性について、評価を行う目的、使用頻度の高い評価や有用な評価を紹介し、評価方法に関する具体的な解説を記載。リスクを管理し適切な運動プログラムを立案するために必須の体力の評価について知ることのできる、我が国初の指針。障害者スポーツの普及と発展の一助に。
2013年06月 2,520円


日本統合失調症学会監修の決定版テキスト、ついに完成。統合失調症の概念、基礎研究、診断、治療その他の関連知識を75章の圧倒的なボリュームで網羅した、最新最高のリファレンスブック。基本学説とその歴史的発展、診療のエビデンスと実践的知識、関連病態、臨床上の諸問題や最新トピックスなど、新進気鋭の執筆陣が存分に筆を揮う。当事者支援を中心とした統合失調症診療の新時代に呼応し、当事者や家族にも寄稿していただいた。
2013年06月 16,800円


脳卒中の機能予後予測は、リハビリのゴール設定や入院治療期間の設定に極めて重要である。本書は、リハビリに携わる医師ならびに療法士に向けて、まず予後予測のために必要となる機能評価法について解説、それを踏まえてより実践的な予後予測ができるように、従来から最新の予後予測法を幅広く取り上げた。また代表的な症例を通して、具体的な臨床応用の実例を紹介。常に予後予測が求められるリハビリスタッフ必見の書。
2013年06月 4,725円


拘縮の治療概念は、全ての運動療法の基盤となります!拘縮を改善すると多くの関節痛がよくなることが臨床の積み重ねで分かってきました。この症候群を治す職業は、ほかならぬ「理学療法士」です。動くからこそ関節、肩関節拘縮に迫ります!
2013年06月 5,670円


急性期・回復期から維持期(生活期)へ,超高齢社会で果たすべきリハ提供の在り方を,背景となる知識を整理し,現場からの最新情報と活動事例を紹介した.パスが結ぶ急性期と回復期の連携はもちろん,使用ツールや社会資源や人材活用例を含め,地域のケアシステムを後押しし,さらなる連携推進を模索するための重要なヒントを収載.
2013年06月 3,990円


地域包括ケアを実現するうえで、多職種が集い協議を行うケア会議の重要性がますます高まっている。
本書は前半でケア会議、ケアマネジメント、ケアマネジャーの本質・機能・技術を探求、後半には12のケア会議事例を収載し、技術の実際を事例に則して学ぶことができる。
2013年06月 2,730円


地域包括ケアのネットワーク構築に必要なソーシャルワークの知識と技術を体系化。「個別」「組織」「地域」の3つの視点に基づいた事例とともに具体的に解説。経験豊富なワーカーによる実践の成果をふまえた「ネットワーク構築のノウハウ」が理解できます。情報整理に役立つ日本社会福祉士会が開発した企画シートも収載。地域包括ケアに関わる方は必読の一冊です。
2013年06月 2,625円


分類・病態生理・検査・鑑別診断・治療など最新の情報を平易に解説.さらに重症度評価スケール(BFMジストニア評価スケール)についても記載.専門医のみならず“ジストニアに関心をもち始めた先生”,“ジストニアを疑う患者に初めて遭遇した先生”,“ジストニアについてさらに勉強しようと思っている先生”にも役立つ実際的なガイドブック.
2013年05月 3,570円


自殺予備軍を日々の臨床の場で事前に見極めるには,どこを見て何に気をつけなければいけないのか,そのノウハウをかかりつけ医や研修医などの非専門医に向けて解説した.自殺未遂者の9割以上に見られるうつ病などの精神疾患についての事前ケアのポイントや,患者を精神科へうまく繋げるポイントなど,実際の現場で役立つ知識が満載.また,不幸にも自殺が起こってしまった場合の残された人々へのケアについても取り上げている.
2013年06月 2,730円


最新の医療環境に合わせて好評シリーズを一新。骨・関節系の症状・疾患の治療と看護で必要とされる知識と技術をわかりやすく解説する。「在宅療養の意義と問題点」など、病院という場に限らず、幅広い内容を収載。フローチャート等の図表や写真も多用し見やすくリニューアル。
2013年06月 2,940円


介護保険制度が創設されるより以前から訪問リハに介入してきた清雅苑は、訪問リハの歴史が20年をかぞえる。その長きにわたる日々の実践と頻繁な勉強会開催など、たゆまない研鑽により蓄積されたノウハウをまとめあげたものが本書である。リハの実践的技術はもちろん、心構え、効果、制度、コスト管理など訪問リハに必要な事項がすべて網羅された内容となっている。さらにふんだんなイラストを用いて解説がなされており、訪問リハの初心者にもベテランにも十二分に活用いただける構成となっている。よりよい訪問リハサービス提供をたしかなものにしてくれる本書は、訪問リハに携わる方であれば、誰もが持っていたい、たいへんお薦めの1冊である。
2013年06月 3,780円


救急や外来などの日常診療で遭遇する熱傷の基礎的な知識や,治療技術,患者管理,麻酔,リハビリテーションなど,実際の臨床で役立つ実践的なノウハウをわかりやすく解説した診療マニュアル.初版は2007年に刊行し好評を得たが,新たなる編集者を迎えた今回の改訂2版では,2009年発行の「熱傷診療ガイドライン」(日本熱傷治療学会)に内容を準拠させるとともに,初版以降の知見を反映させより一層内容の充実を図った.
2013年06月 16,800円


迷ったらこの1冊。一般病棟ナースに最適な人工呼吸ケア入門書。 苦手な人が多い人工呼吸ケアの悩みにこたえる1冊。ICUや一般病棟から寄せられた現場からの質問をQ&A形式でわかりやすく解説。オールカラーのイラストやマンガでケアがイメージでき、流れがわかる。一般病棟ナースはもちろん、指導する方にもおすすめ!
2013年06月 2,100円


同種・同効薬の違いをわかりやすくまとめた好評書『違いがわかる!同種・同効薬』の続編.「もっと読みたい」の声を反映.『違いがわかる~』で掲載しきれなかった項目のうち,使用頻度が高い薬剤を補完した.前版同様に「どこが違うのか」を薬剤師の視点からわかりやすく解説.二冊合わせて使うことで,処方変更時の服薬指導や薬の選択に自信倍増.
2013年06月 2,940円


2011年で日本における65歳以上の高齢者は23.3%,75歳以上は11.6%というまさしく超高齢社会に突入しています。多くの若者が少ない高齢者を支えた時代は終わり,高齢者同士が支え合って社会を維持していくことが求められています。健やかに,充実した内容の日常生活を送るには,年金などの社会保障制度も大切ですが,国民一人一人が心身の自己管理に努め健康寿命を延ばすことが重要です。本書は,老年病だけでなく,みなさんが最も不安に感じておられる認知症についても,最新の知見をまじえて紹介しています。
2013年06月 1,980円


本書では、障害者運転の現状から始まり、脳卒中・脳外傷の疫学、交通事故の実像、運転に求められる身体機能、薬剤と自動車運転、運転再開に際して求められる法的知識、自動車改造の知識、ドライビングシミュレーターによる運転評価、実際の病院における運転再開の取り組みなど自動車運転再開について、医療人にとっての必要な知識がすべて網羅されている。
2013年06月 3,570円


近年増加傾向にある免疫性神経疾患の最新の臨床実績と研究成果を,本領域の第一人者らが詳しく解説.多発性硬化症からGuillain-Barre症候群,重症筋無力症など幅広くカバー.各疾患について,臨床疫学,神経学的所見,病理・発生機序から血清学的所見,診断,治療までを網羅し,すぐに役立つ診療のエッセンスを満載.“神経難病”を診療する神経内科医必読の一冊.
2013年06月 10,500円


外科医,麻酔科医,看護師,臨床工学技士など,心臓血管外科手術に携わるスタッフが共通して知っておくべき知識をコンパクトに解説.代表的な術式や心臓麻酔,体外循環,経食道心エコーなど,手術室で必須の知識をすぐに確認できるポケットマニュアル.姉妹書「新病棟必携心臓血管外科ハンドブック」と二冊合わせて使うことで,術前・術中・術後にわたる知識を網羅している.
2013年06月 3,360円


日本神経学会監修による,エビデンスに基づいたオフィシャルな診療ガイドライン.疾患の基礎的な知識から,各種診断法,治療法の詳細までを網羅.臨床上重要となるクリニカルクエスチョン(CQ)について,その回答・推奨グレード,背景・目的,解説をエビデンスに基づいて詳述.臨床医の日常診療を支援する必携の一冊.
2013年06月 4,200円


事例検討は,臨床で迷いや不安を抱える看護師に,新たな看護の力をもたらす学習方法である.精神科看護師には必須ともいえる実践的学習方法であるにもかかわらず,その実際はあまり知られていない.そこで本書では,事例検討とは何か,何を準備すればいいのか,どのように討議を展開すればいいのかなどを丁寧に解説.初めて参加する人・主催する人の不安を消し,参加・主催の意欲をわかせる1冊である.
2013年06月 2,520円


失語症検査結果の解釈の仕方から、1人1人の症状や介入時期にあわせた訓練教材の選び方、具体的な手技手法をQ&A形式で解説。急性期の対応から、退院後の社会/家庭復帰に向けた取り組みまで、臨床からの直の疑問にわかりやすく答えた1冊。失語症の言語治療に携わるST必携です!
2013年06月 4,200円


現代精神医学は心を飛び越え脳に強い関心を寄せている。この傾向は、精神医学の自然科学的側面としてまちがっていないし、DSMの採用する操作的診断も自然科学的研究にふさわしい方法論である。しかし、患者の脳ではなく心と直接に向き合う、実際の臨床では違う。精神科臨床が自然科学的志向性に偏りすぎることには、大きなデメリットがある。心の次元に踏みとどまることでしか、わかり得ないものがある。本書の狙いはまさにそこにある。患者の心を知ろうとする努力は、価値を失うことはないと信ずる。
2013年06月 7,350円


ALS(筋萎縮性側索硬化症)・運動ニューロン疾患は,神経変性疾患のなかでも治療やQOL面において最も厳しい疾患群であると言われているが,近年の病因遺伝子の発見やそれに基づく病態理解の進展には目覚ましいものがある.本書では,基礎・臨床を問わずにALS・運動ニューロン疾患をできるだけ多面的にとらえ,その現状の全体像と将来への展望を網羅的に論じている.
2013年06月 12,600円


本書は2008年に刊行された「知識の整理と確認のためのペースメーカ・ICD・CRT/CRT-Dブック」の新版である。初版刊行後に発表された「植込み社会復帰・就労・就学等に関するガイドライン」「心臓突然死の予知と予防法のガイドライン」「不整脈の非薬物治療ガイドライン」の内容を盛り込み,従来の掲載用語の見直しを行い,必要な用語については図を旧版に増して掲載した。また,機器の安全対策,複雑化に伴う不具合の特定と患者対応,メーカー担当者へのよくある質問事項等についても掲載した。
2013年06月 5,040円



TOPに戻るカテゴリー別に探す



 Amazonでリハビリ本を探す  
使用可能カード


 各種カード取扱い
 
 
 

Copyright©2012 RehabilitationBooks.com All Rights Reserved.