広告
 

切断

     
     
切断を受けた人は,その原因・切断のレベル・年齢・心理的適応・社会的関心など多様です。医学的管理や義肢の適合あるいは機能的再教育だけでなく、心理的な適応や本人の参加の重要性まで、リハビリテーションの包括的な理解が得られます。   斯界第一人者が、切断者の生活、職業などに適応した義肢について多面的に述べた解説書として、改訂発行を重ねた定評あるテキスト「ハビリテーション医学全書/切断と義肢」を、義肢の最新知見に基づき、見やすくわかりやすい図や写真と・表を随所に収載して懇切に解説した新装新版。 わが国の高齢化に伴って、外傷による若年の切断者だけでなく、血管原性による高齢の切断者が増加している。豊富な下肢切断者のデータを写真を多数収載してリハビリの流れを詳解。併せてケーススタディも収載した。
2002年05月 5,460円 2007年02月 7,350円 1995年05月 5,250円
     
図や写真をふんだんに用いて、理学療法士の立場から切断と義足に関する知識と技術を2色刷りで解説。必須事項は、切断者の自立までの流れに沿ってQ&A方式でわかりやすくまとめている。改訂第3版では、切断原因と切断術、膝・TSB・サイム・足部義足、最新のパーツの特徴を詳細に説明。
足にトラブルを抱えフットケアを必要とする人は高齢者、糖尿病患者にとどまらない。「足の大切さ」を知る医療者へ、多職種からなる日本フットケア学会が総力をあげて編む第2版。基礎知識から評価法、検査法、専門的ケア・治療技術、チームのススメ、社会的サポート活用法まで詳細解説する体系的テキストかつ実践書。入門者はもちろんレベルアップを目指す読者のニーズに対応。フットケア指導士認定セミナー指定テキスト。
9,000枚に及ぶイラストレーション、1,800の完全術式に95の最新テクニックを加えた整形外科医必須のバイブル。初の日本語完訳。
2002年04月 5,040円 2012年03月 3,360円 2004年07月 23,100円
     
糖尿病足病変を総合的にとらえた、フットケアの研究・活動向上と実践に欠かせない指針書。糖尿病足病変は,糖尿病神経障害や閉塞性動脈硬化症(ASO)、感染症の合併症などで足壊疽にいたり、やむなく足切断になる例が増えてきている。早期発見・早期治療を行うためのスタッフ必携のガイドブック。
高齢期に生じる疾患とその障害のリハビリテーションについて、見やすい図表を随所に取り入れた定番書の第7版。今版では、要望の多かった生活習慣病や認知症についての最新の知見が盛り込まれ、脊髄損傷、切断、関節リウマチの項目もそれぞれ追加した。超高齢社会に生きる現代の医療者待望の改訂である。
運動器のリハビリテーションを理解するための恰好のリファレンス。原著第4版の邦訳版。 2巻では腰椎、骨盤、股関節、膝関節、下腿・足関節・足部までを1巻と同様に記述。また、「歩行の評価」の他に、「姿勢の評価」、「切断の評価」、「スポーツ時の緊急評価」、そしてリハビリテーション後に社会復帰するための「社会参加前の評価」に、それぞれ章を設けている。医師・PT/OT、その他のリハビリテーション関連職必読の一冊。
2004年09月 4,200円
2008年04月 6,090円
2006年12月 10,500円

  
本書は、今日における筋骨格障害系理学療法分野の最新の知識・技術を系統的に集大成し、疾患ごとに最新の知識および理学療法技術を紹介した。理学療法を実施するうえで必要な病態メカニズム、理学療法評価、理学療法治療・技術、リスクなどについてわかりやすく解説し、新しい考え方を含めて手技別の理学療法を整理することで、系統だった筋骨格障害系理学療法の実際を臨床場面での活用を考慮してまとめている。
術後のリハビリテーションを、いつ、どのように開始し進行させていくかを、500にのぼるシェーマとともに平易に解説した、整形外科チーム医療に欠かせない一冊。今改訂では、クリニカルパス作成に有用な「退院の目安」を各手術に追加。また、加速的リハビリテーションや鏡視下手術を加える一方、現在使われていない手術や固定法は省略して、より時代にあった今日的な内容に一新させた。
本書は現在臨床の場でメスを振るう、また微小外科を志す医師のため、血管・神経の縫合や基礎的な皮弁の作製などをまとめた「ベーシック手技」とマイクロサージャリー周術期の心得、実践的な移植手技など現場に即したhow toを記載した「アドバンス手技」の二章に分かれ、手技の流れ・要点・注意点が系統立てて理解できる構成となっている。付属のDVD には基礎・応用両方の重要な手技が動画に収められている。
2006年05月 6,300円 2003年10月 4,935円 2008年11月 10,500円
     
     
     
 
  透析患者で最大の死亡原因となる心血管障害の一つ、末梢動脈疾患(PAD)。その基礎から臨床までをわかりやすく解説。 “切断しかない治療選択”をなくすために―。西洋で歴史あるマゴットセラピーの実際や予防的フットケアなど、充実の内容!チーム医療を目指す医師はもとよりコ・メディカルにも有用な1冊!  糖尿病患者にとって足病変はときに下肢切断に至る大きな問題である。足病変の誘因の第1位はくつずれ。くつずれ対策をどうすればよいのか。医師・看護師・くつ専門家との連携で、ここまで予防できるという実例を満載。フットケアのすべてをまとめた。足病変予防を目的としたフットケアは看護の新しい分野として注目を集めるだろう。  
 2008年02月 5,040円 2004年09月 2,100円   

TOPに戻るカテゴリー別に探す


広告
 


Amazonでリハビリ本を探す   
使用可能カード


 各種カード取扱い
 
 
 

Coryright©2012 RehabilitationBooks.com All Rights Reserved.