広告
 

腰部

     
     
 腰痛、脚のしびれは年のせいと放置するは禁物。放っておくと、深刻な後遺症が残る場合もある。早期受診の重要性、悪化や再発を防ぐ運動など、腰痛や坐骨神経痛へのベストな対処法を解説する。  肩、肘、手、頸椎、歩行、股、膝、足、腰椎について、骨・関節・筋・神経などの視診、触診、関節可動域検査、神経学的検査、特殊な検査を明確なイラストにより解説したマニュアル。体表解剖学・機能解剖学の知識の整理にも最適。触診から評価まで何年経っても基本の大切さに気付かせてくれる一冊。  著者の30年余に及ぶ腰痛研究のサイエンスとアートの集大成。患者の求める今日的腰痛診療の考え方と実際を提言。腰痛治療に携わる全ての関係者に贈る腰痛診療の決定版。
2010年08月 1,470円 1984年05月 5,460円 2003年05月 8,925円
     
     
     
 
高齢者のからだを理解し、高齢者をいつくしむ必要が生じています。すべての高齢者およびその家族に情報提供ができる機会として捉えています。どこまでが高齢化に伴う現象で、どこからが病気なのかを判断するときの助けになることを期待します。「病気ではないが、健康でもない状態」を「未病」とよびます。その未病を超えて、病気になっているのではないのかな、と悩むことがあります。そんなとき、関係する一冊をお読みください。   腰痛の基礎知識や、ぎっくり腰、椎間板ヘルニアといった腰痛の治療法、腰痛のときの暮らし方・運動など生活上の注意を、Q&A方式でわかりやすく解説する。正しく理解することで不安を取り除き、腰痛に悩む人の不安や疑問をスッキリ解消する。  腰痛の真の意味,その真の機序,適切な有意の治療,および痛みの心理的根拠や,内分泌的根拠の適切な関連について述べながら,いかに腰部の痛みを診察すべきかを解説した.初版以来の解剖学的アプローチを基本とし,痛みに関する臨床,研究の最新知見を的確にわかりやすく,随所に図を提示してまとめた.
 2007年09月 1,050円 2008年08月 1,418円   1996年11月 5,565円
     
     
     
初版の発行以来,多くの臨床家に愛読されて来た好評書.第2版では,画像診断の箇所を中心に見直して追加訂正.骨粗鬆症の診断基準・診断機器の見直し追加を行った. 
 この本では、腰がどのような構造になっており、どのように機能しているか、どこがどう悪くなり、なぜ腰痛が起きるのかを分りやすく説明しています。また、医師はどのようなときに精査し専門的な治療をするか、なども詳細にまとめてあります。腰痛のバイブルとしてご活用いただけたらと願っております。  腰部の構造と各組織の働きについて科学的証拠をあげつつ解説し、腰部の障害のメカニズムを明らかにする。また、腰部障害の予防とリハビリテーションについても、職業やスポーツにおける実例を臨床関連事項で取り上げ説明する。
 1996年02月 3,990円 2007年09月 1,050円   2005年01月 4,200円
     
     
     
 腰痛の全局面で役立つ情報を平易に解説した腰痛治療の力となる1冊。腰痛の原因となる主要疾患の病態の理解,診断,具体的な治療手技について保存療法を中心に解説。専門医への紹介のタイミングを示した病診連携,治療の最終手段である手術療法についても記載。  腰痛のプライマリケアに焦点を絞り、腰痛に苦しむ患者に対して的確なトリアージを行うために必要な知識を網羅。腰痛の定義・疫学・診断・治療・予防に関して17のクリニカルクエスチョンを設け、最新のエビデンスに基づいて推奨・要約と解説を示した。腰痛診療に携わるすべての医療者、腰痛患者にとって有益な指針となる一冊。  腰痛診療に欠かせない知識を、Q&A形式で簡潔に解説しています。46項目に症例呈示も含み、予防法から保存療法、手術適応まで平易に紹介。患者さんから頻繁に聞かれる質問も取り上げています。整形外科医をはじめ、理学療法士、健康運動指導士の方々にもお勧めです。
 2008年12月 8,925円 2012年11月 2,310円  2012年11月 3,990円 
     
     
     
腰椎椎間板ヘルニアやぎっくり腰など,日常診療でよく出会う“腰痛”の診療に必要な知識やノウハウを非専門医にもわかりやすく解説した実践的臨床書. 
疾患概念から,診断の決め手となる疼痛誘発テスト,仙腸関節ブロックの実際を豊富な写真で詳説,さらに治療の最終手段となる仙腸関節固定術からリハビリ,予防法も紹介.   多用な背景により生じる腰痛に対し,体幹へのアプローチの代表的な評価と手法を紹介.脊柱・骨盤・股関節のコアコンプレックスの連携に対する手技を分かりやすく解説する.
 2012年05月 7,140円 2012年03月 6,300円    2011年09月 4,200円
     
     
     
スポーツに伴う腰痛(腰椎疾患)の現状、腰痛発生メカニズム・原因、診断、治療(保存療法、手術療法、リハビリテーション)、予防を柱として、整形外科医、理学療法士、トレーナーが執筆。これらの職種に加え、リハビリテーション医も含めたスポーツ診療に携わる医師必携の書。   ヘルニアがあっても腰痛にならない?完全主義者は腰痛になる?やる気で腰痛は治る?etc.腰痛のホントを知ることから、腰痛とつき合う知恵が生まれる。40年間、腰痛研究の第一線を歩き続けた著者が指し示す腰痛治療の明日。  月刊「医道の日本」の連載(2008年6月~2009年11月)として、日本人の最も多い愁訴の1つである腰痛に対し、様々な治療やアプローチを行っている治療院、クリニック、治療現場を取材した「シリーズ腰痛」を単行本化。カウンターストレインやヨガ、太極拳、マッケンジー・メソッド、PNFなどの理論と基本テクニックがわかるだけではなく、腰痛スペシャリストたちのインタビューを通して、腰痛治療のヒントが見えてくる!
2011年10月 4,725円   2011年08月 1,365円  2010年02月  2,310円
     
     
     
 
本書ではいまだ解決策が見出されたとはいえない「腰痛」について、その最前線で活躍する先生方に、近年明らかになった知見を中心に科学的根拠に基づいて解説していただいた。 「腰痛」対策に期待されている理学療法士にとって、本書で述べる多種多様な評価・治療方法は、必ずや期待できる効果をもたらすであろう。
 発症頻度の高い疾患の一つである腰痛。その基礎知識と対処法を詳しく解説! 専門医の立場から,腰痛治療の迷信と真実までズバリ解説! 患者のみならず,医師にも必見の価値あり!  腰痛症に関する鍼灸治療の有効性と安全性に関するエビデンスを提供.腰痛症に対する中国韓国日本の伝統的な診断法と鍼灸治療法大規模臨床試験によって得られた鍼の効果と安全性に関するエビデンスさらに鍼の臨床試験で大きな問題となっているシャム鍼などについて紹介.
 2008年05月 4,410円  2001年01月 998円 2010年06月 3,150円  
     
     
     
 
 著者の20年以上におよぶ腰痛診療のknow-howを余すところなく披露.腰痛症にどう向き合うかを,腰痛をとりまく社会環境を含めて深く究めた腰痛を知るための本.  腰痛は理学療法士にとって遭遇頻度に高い症状である.本書では,新人,若手理学療法士が,それにどう対処するかを1冊のMOOKにまとめた.  神経解剖学の新しい知見,顕微鏡下の椎間板摘出術,固定術から,キモパパイン注入療法,保存療法まで十分な最新情報を網羅.1990年出版の第2版を発展的に大改訂.腰痛の病態・診断・治療に関して,現在世界の第一線で活躍する脊椎外科専門医の考え方が整理され,よく理解できる.
2006年10月 5,775円  2008年05月 4,725円  1999年07月 16,800円 
     
     
     
 「人はなぜ腰を病むのか」「腰痛の予防と治療のポイントは何か」を患者さんに説明する際の勘所を、長年腰痛診療に携わり様々な患者さんと接してきた著者が説く。  腰椎骨盤領域の深部筋には関節損傷や腰痛による機能障害を予防する機能があることを示し、筋のモーターコントロール理論に注目した科学的なトレーニング方法を確立した著者による、腰痛治療従事者の必携書。最新の研究結果とエビデンスに基づき、腰痛治療と予防の新しいアプローチを詳述。明日からの診療のヒントが満載。  腰痛の基礎を理解したうえで、介護場面や日常生活での予防に備えることができます。
 2011年06月 3,990円 2008年05月 5,880円   2007年09月 1,680円
     
     
     
 世界の腰痛ガイドラインが推奨する新しい7つの戦略で突破口を開く。すべての鍵を握るのは腰痛にまつわる“真の知識”。腰痛神話の終焉!あなたを強力にバックアップするサポートCD付き。
本書は患者さん向けの腰痛専門書です。高度な医学的内容をできるだけ平易に記載して、一般の方にも分かる様にしています。
 
中高年に多くみられる各種腰痛に対する40項目にわたる指導ガイドブック.資料編も患者さんの声を元に充実. 痛みを軽減し,症状を悪化させないための日常生活動作や運動療法などをイラスト入りで紹介.変形性脊椎症、腰痛患者の運動療法指導、日常生活上の注意などを、医師、PT、OT向けに解説。 
2009年06月 1,575円  2001年04月 2,100円  2007年03月 2,625円 
     
     
     
   
 骨盤帯を中心に腰椎から股関節にかけての機能解剖とバイオメカニズム・疾患メカニズムと,その治療から予防までを具体的に解説した画期的な臨床書.豊富な図説(3D模型や解剖図)と臨床写真(MRI,超音波画像を含む)は,読むものにとって理解を深めるための役立つツールである.    
 2013年01月 10,500円    
     
  
   |TOPに戻るカテゴリー別に探す


広告
 


Amazonでリハビリ本を探す   
使用可能カード


 各種カード取扱い
 
 

Coryright©2012 RehabilitationBooks.com All Rights Reserved.